【グラブル】東青の戦い~四象降臨~開催!


granblue110

1/14より四象イベント「東青の戦い」が始まりました。

まだ討滅戦が終わってない中、イベントを重ねてきましたね。決算前の課金回収でイベントを重ねまくっていたのかと思いましたが、そうでもなかったようです。

去年末のイベント重複しまくりで大変な思いをした方も多かったと思います。討滅戦はマルチバトルがなくBPは使いません。そのBPを四象戦にまわせばそこまで四象の輝き集めもキツくないので、これまでのイベント重複の中ではベストマッチングと言えるでしょう。

団長もAPはなるべく討滅戦に回し、BPは四象イベントで使うようにしています。古戦場武器で覇者の証が大量に必要となるため、その入手手段が増えたことは単純に嬉しいことです。

先に「イベント重複で課金を促した」と書きましたが、例えば限られたプレイ時間の中で、イベントをこなすにはAPやBPを多く消費しなければなりません。そのため通常のイベント時よりも回復アイテムを多く使う必要が出てきます。

もちろん、どちらか1つだけを集中的に遊べば負担は少なく済みます。特に無課金ユーザーであればそれが現実的な選択肢となるでしょう。とはいえ、全部のイベントを遊びたい、もしくは遊ばないと損と思う心理はプレーヤーとして当然のものです。
結果として消費アイテムを多く使うことになり、配りすぎた回復アイテムを回収すると同時に課金の機会を作り出すというやり方なのかなと邪推してしまいます。
もちろん、ソーシャルゲームはオフゲーと違って運営にもランニングコストがかかります。キャラの追加やイベントなど更新を行うのもタダでは済みません。そういう意味で課金の機会を作るというのはビジネス的になにも間違ってはいないのですが、あまりに課金を強要されてしまうと、使えるお小遣いとプレイ時間が決まっている大多数のプレーヤーには負担にしかなりません。

実際、私が所属している騎空団ではイベントが重なり、追いかけることに疲れてしまい、引退してしまった方が複数いました。

商売でやっている以上、運営のためにお金を稼ぐのはもちろん構いません。グラブル運営チームにも年間予算というものが決まっているでしょうし、それ以外にも会社からいろいろなミッションが課せられていると思います。

その収益とユーザー体験のバランスをうまく取ってもらいたいもらいたいところです。

グラブル界隈もきな臭い話が漂ってますが、1ファンとしては健全な運営に徹して、末永く遊ばせてもらいたいなぁと思う今日この頃です。



団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。