【アキバ】秋葉原BEEPに行ってきた


以前から「BEEPはいいぞ」とレトロゲーム仲間から聞いていたのですが、なぜかアキバに行くたびに忘れてしまい、帰りの電車で「あ!今日もBEEPに行き忘れた!」と思い出すという、ボケがはじまったおじいちゃんのような事が半年ほど続いていました。

で、年も明けた1/13。買い忘れたイヤホンのイヤーピースを買いにアキバに寄った時、「そうだ忘れないうちにBEEPに行こう」と、Googleマップを頼りに向かいました。

IMG_20160113_161321

お店に着いたものの、入口がどこにあるかわかりません。イラストでは地下への階段を下りた先らしいですが、階段の前には三角ポールが…

IMG_20160113_161503

なんと、水曜は定休日でしたw

それから友達との約束だったり、予約したゲームを買いにいったりで何度かアキバに寄っていたのですが、だいたいゲーム発売日である木曜日に行くため、毎回BEEPは定休日だったんですよね。

今日、ヨドバシから注文した品が届いたと連絡を受けたので、BEEPにも寄ってみることにしました。また忘れて帰りそうだったので、メインの目的であるヨドバシは後回しにし、先にBEEPに向かいました。

扉を開けてすぐに眼に入ったのは、入口の左壁際に並ぶゲーム筐体。一番手前には、PCエンジンの超名作「ソルジャーブレード」が稼働しています。さらにどこからともなくハイドライドのBGMが聞こえてきます。

これだけでテンションがあがってきます。多くのゲーム中年が過ごした80~90年代が、ここには残されていました。

昔のパソコンショップって、ずらっパソコンが並び、そのうち何機かでゲームのデモが流れていたんですよね。デモも夢幻戦士ヴァリスあたりから凝ったものになり、パソコン少年だった団長は飽きもせずに繰り返しそんなデモを見てました。単に冷やかしていただけとも言いますがw

当時の雰囲気そのまんまの店内には、今団長が欲しくて仕方ないPC-8801mkⅡSR以降なパソコン、PC-8801mkⅡFHが置いてありました。
オーバーホール済みで22,800円。安い(確信)。

DSC_0717

DSC_0719

ついに実家に残っているこれらのパソコンが遊べる日が…と思ったのですが、本体のみでモニターがついていないことが気になります。今の液晶モニターにつなげる方法があればいいのですが、専用のモニターが手に入らなければ88といえどタダの箱。それらしきモニターもないですし、いったんペンディング。

PC売り場の次は書籍売り場。レトロゲーム関連の書籍や同人誌、ベーマガやテクポリの古本まで置いてありました。気になったベーマガの特集は「PC-88で音楽を作ろう」。記事はおそらくYK-2さんかYo-Youさんが書いたものでしょう。めちゃくちゃ読んでましたw

さらに奥にはPCゲームが棚に並んでます。PC88版のラストハルマゲドンマイトアンドマジックが気になって仕方ありませんでしたが、どのみちハードがないので我慢です。M&Mといえば世間ではチョコレートらしいですが、私の中ではいまだにマイトアンドマジックですよ(笑)。

そういえば、スタークラフトってどうなったんでしょうね…と思ってWikipediaを見たら、95年に活動停止したそうですね。海外ゲームのローカライズと言えばスタークラフトとサイバーフロントですが、どちらも今はないのが残念でなりません。

グルッと店内を回り、気になるアイテムをあれこれ見た結果、購入したのは…

DSC_0903

はいドーン!(「空飛ぶ広報室」の片山一佐風)

超名作カオスエンジェルズの原画集です。

カオスエンジェルズはおそらくアダルトゲームとしてはONEと並ぶくらいハマった作品で、いまだに団長のゲーム観や創作に大きな影響を与えた作品です。カオスエンジェルズの事を語れと言われたら今でも1時間くらいは余裕で語れます。

グラフィックは当時としてもそこまでエロくなかったのですが、それを補うくらい魅力的なモンスターデザインと、秀逸なゲームシステム、世界観で多くのプレーヤーを魅了した作品です。
カオスエンジェルズがどれくらい好きかというと、生まれて初めて出来たカノジョにこのゲームの話を熱心に2時間もしたあげく目の前でプレイしてみせるというKYプレイをぶっかましたくらいです。なにやってるんでしょうね、当時の私。

…まあ、カオスエンジェルズについては、また後ほど書ける機会があれば記事にします。

そんなわけで、お金があったら店の中のもの全部買いたいくらい魅力のあるお店でした。雑なまとめ方ですけど、そうとしか言いようがないんですよね、80年代ゲームキッズとしては(笑)。

そういえば羽生にもBEEPってありましたよね。
HP見たら、系列店のようです。羽生のBEEPには1度行こうとして道に迷ってたどり着けなかったことがあります。なぜか行田に着いてしまったのでさきたま古墳群見て帰った覚えがあります(笑)。

店頭にあったソルジャーブレードは、PCエンジンをアーケード筐体で動かす羽生構想というBEEPオリジナルの接続キットで動いていたそうですが、「なんで羽生なのかな?」と思っていたんですよね。埼玉の羽生だったんですね。

PC-8801mkⅡFHは、やはり専用モニターがないと動かないとのこと。かつ、モニターの出物も少ないようで…
確かに、うちの88(FR)も、モニターが先に壊れたんですよね…
残念ですが、今回のところは引き上げです。

これからはちょくちょく寄らせてもらいます。いつかPC-8801mkⅡSR以降なPCが手に入るその日まで!

(文/団長)



団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。