【グラブル】よく分からないグラブルの公式Twitterアカウント運用方法


グラブル公式Twitterアカウントの、エンジェル・ヘイロー告知が4/15を最後に止まっております。

育成アイテム入手クエストである時限クエスト「エンジェル・ヘイロー」ですが、当日の開催時間はなぜかTwitterでしか告知されません。ゲーム内はおろか公式サイトでも表示はなく、「公式ツイッターアカウントで告知します」となっています。

そのため、Twitterアカウントが告知が止まると、プレーヤーはいつ開催されるのか分かりません。にも関わらず、4/18現在まで、代替の告知手段も用意されないままとなっています。

相変わらずやることが雑です。

 

■相変わらずヘンな運用のバランス感覚

ゲーム内のお知らせによれば、4/14に起きた熊本地震の影響を鑑みて、プッシュ通知やTwitter告知を控えるということです。結果、エンジェル・ヘイローの開催時間が告知されなくなったようです。

granblue237

エンジェル・ヘイロー自体は各グループ日に3回開催されているので、ちょいちょいログインしていれば遭遇できる可能性はあります。
それだけなら良いのですが、問題は★エンジェルヘイローと呼ばれる、大量にアイテムが獲得できるボーナスタイムがさっぱり分からなくなるということです。

一日三回行われるエンジェル・ヘイローのうち一つだけが★つきなのですが、その時間もTwitterでのみ告知されています。キャラ育成や、大量に育成アイテムが必要なエンドコンテンツ武器を育てているユーザーには、★つきの時間は重要です。もちろんリアルの生活もあるので、必ず参加できるわけではないでしょうが、プレイできる時間にはなるべく★つきは逃したくない、という人もたくさんいるはずです。

しかし、告知がされなくなったことにより、いつ★つきのエンジェル・ヘイローが開始されるのか、さっぱり分からなくなってしまいました。
一応、エンジェル・ヘイローをお気に入りに登録しておくことで次回の時間が分かるようになりますが、これまでTwitter見ておけばいいやと思っていたユーザーのとまどいははかりしれません。

大型災害時につき、プッシュ通知やメルマガを停止するというのは、先の東日本大震災でもありました。
特にメルマガのウザさ積極的配信で知られる楽天が、震災発生後は東北地方へのメルマガ配信をいっさい停止したということもありました。メルマガが迷惑になっていると自覚していたんですね。

同じく東日本大震災時、震災情報の受け渡し役としてTwitterが大きく活用され、一種のライフラインとして扱われるようになりました。

実際、今回の地震でも被災地側からの要請や窮状を伝えるツールとなり、重要な情報ソースになっています。そのため「ノイズ」となる情報を極力減らすという企業姿勢は正しいように思うのですが、一日一回のエンジェル・ヘイロー告知でどれほど変わるのでしょう?

いわゆる不謹慎厨を避けるための施策かもしれませんが、不謹慎厨以前にユーザーを戸惑わせているわけで、このあたり運営のバランス感覚ってどうなっているんだろうなと感じます。

 

■フォロワー集めたがるわりに活用しきれてないアカウント

なぜゲーム内、公式サイト内でエンジェルヘイローの告知を行わないかと言えば、公式アカウントのフォロワー稼ぎのためでしょう。

近年SNSでのマーケティングはその重要度を増していますが、それもまず公式アカウントにどれだけフォロワーをつけるか、というところに主眼が置かれます。そのため、Twitterのアカウントをフォロー(もしくはリスト入り)しておかないと、ゲーム内の重要な情報も得られないようにしておくのです。ユーザーはフォローせざるを得なくなりますので、おのずとフォロワー数も増えていきます。

とはいえ、グラブル運営が積極的にTwitterを活用しているかと言えば、そこはかなり疑問です。土日は自動発信のエンジェル・ヘイローの告知のみになりますし、平日も一日10回もつぶやいていません。おそらく他のソシャゲのアカウントと比べても少ない方ではないでしょうか?
そして深夜帯に行われる緊急メンテや不具合の告知などは一切行わないません(これは公式サイトも同様です)。

夜中にプレイ中、突如画面がホワイトアウトし、公式サイトを見てもTwitterの公式アカウントを見ても情報が分からず右往左往した経験があるユーザーも多いはずです(そもそも公式サイトにはメンテ情報のページすらないですし)。

これ、おそらくTwitter担当の人が一人ないし小人数で運営しているためでしょう。その担当者がお休みになる土日や深夜帯に一切情報が更新されなくなると。それはそれでホワイト企業らしくて結構なのですが、せめて、緊急メンテ等をTwitterや公式サイトに投稿できる機能を用意しましょうよ。告知やメンテ情報を餌に、Twitterアカウントをフォローさせるならなおさらです。

これが小さなゲーム会社のマイナーなソーシャルゲームだったらリソースの大変でしょうし分からなくもありませんが、親会社にサイバーエージェントという日本有数のインターネットビジネス企業を持ち、登録者総数1000万人を突破するメジャータイトルでの話ですから、怒りを通り越して唖然となります。

ずっと言っていることですが、利益優先しすぎて運営に必要な人数確保や、小人数でも運営できるシステムの改善がまったくできていないのではないでしょうか?
多大なプロモーション費をかけるも、運営環境が改善されないままひたすら大きくなりつづけ、結果としてお詫びと不具合修正の連続。「なにかあったらお詫びすればいい」という考えがにじみ出ているような気がします。
問題が発生したらすぐさま修正ができるのがオンラインサービスの強みではありますが、それでも限度というものがあります。大丈夫ですか?グラブル運営。利益たたき出すことで頭一杯になってはいませんか?

 

■「今のジョブはこれ!」に代表されるグラブルのTwitter運用批判

グラブルとTwitterと言えば「スマホRPGは今これをやってるよ。今のジョブはこれ!」

「今」が二回続く文章は往年の感感俺俺を彷彿とさせますが、これもプレイしていない人かれば「うっとうしい」という批判も。
Twitter投稿することでBPとAPが回復できるため、うっとうしいと思われてもプレイ機会を増やしたいユーザーとしては投稿したいところ。そのため捨て垢と連動させる人も多く、うっとうしさのわりにはマーケティング効果があるのか大変疑問がわきます。この投稿がきっかけでグラブルはじめた人、何人くらいいるんだろう…?

今年の三月には、これまでグラブルの顔として活躍してきた「みぃちゃん」の公式アカウントも更新を停止し、アカウントの一本化を宣言。一時期に比べるとTwitterを活用する姿勢も弱まったように思えます。

Twitter運営の方針を変えるのは結構ですし、震災を鑑みて告知数を減らすというのも常識的な判断だと思うので良いのですが、それなら公式サイトの情報に速報性を持たせるとか、代替策を講じてもらいたいと思うところです。

むしろグループ会社が「震災情報配信中」と動画配信サービス「AbemaTV」のプロモーションツイートをバンバン打ちまくっているくらいですから、エンジェル・ヘイローの告知をなくしたところでTwitterのノイズが増えるわけでもありません。気にせずいつも通り告知やってください。

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。