【団生ザナドゥ】リバイバルザナドゥ2、初のデカキャラに遭遇!


GAME_20160424_220304_693

Level1のデカキャラを倒すべく、巨大塔を攻略開始。

HP100のFire-Elementは恐いので、Spectaclesの使用必須です。
(このFire-Elementは弱いヤツでした)。

GAME_20160424_220419_766

塔の中でDeg-Needleのスクロールもゲット。これでINTの高さを活かした全体攻撃ができるように。なかなか良い感じでアイテムが落ちてます。

GAME_20160424_221145_626

そして、塔の奥にて、ついにリバイバルザナドゥ2初めてのデカキャラと遭遇。

カニです!今回の最初のデカキャラはカニでした!

GAME_20160224_201426_605

タコ…

GAME_20160327_223212_269

イカときて…

GAME_20160424_221145_626

カニです! カニ!

魚介類シリーズ最後発のデカキャラはカニでした。

最初のデカキャラだし勝てるっしょwと思って挑んだのですが、1点もダメージを与えられずに敗退。さすがに、Daggerでは話にならなかったようです。

最近までシナリオ2でVopal-Weaponをぶん回してデカキャラ相手に余裕っちをかましまくっていたため、デカキャラに負けるという体験がなぜか新鮮です。なによりザコよりデカキャラの方が強い事に驚きが隠せません。

GAME_20160424_221712_646

武器更新の必要を感じたのですが、すでにLevel1の塔内もほぼ踏破、外の敵もほとんどいなくなってしまったため、Level2へ進みます。

GAME_20160424_221715_493

Level2のBGMは完全新曲でした。おなじみの悪魔のワルツとはさよならです。ちなみにボス戦のBGMもオリジナル新作でした。

Level2の敵、どこかで見覚えのあるようなものも多く、名前は違うもののリバイバルザナドゥとの色違いの敵や、同じ名前でも色が違うなど、微妙な間違い探しをしているような気分に。

シナリオ1で、その圧倒的AGIでプレーヤーを苦しめたAssasin Bugs、恐るべき破壊力でプレーヤーを葬ったScorpion Giantは健在。相変わらず速いし痛いです。

しかしなにより、団長最大のトラウマモンスターが。

GAME_20160426_024552_592

Giant Turtleです!

シナリオ2の時に、Vopal-Weaponを手にして有頂天になっていたDanchouを、+7Larege Shieldを突き破る破壊力で一撃の下に葬ってくれた凶悪モンスターです。
グラフィックもシナリオ2の時とほぼ一緒。出てくるの早くないですか?

こいつはなぜか再登場するたびにAGIがあがるようで、シナリオ2のような超攻撃力はないものの、ともかく攻撃回数と足が速いです。なぜカメのグラフィックにしたのか全くの謎です。

なんにせよ接近戦は厳しいので魔法で対処。しかしHPも高くNeedleの魔法では数発当てないと倒せません。イヤな敵です。

Level2の強敵を倒してLong Swordを購入。再度カニに挑みます。

GAME_20160425_220946_850

しかし買ったばかりのLong Swordでは歯がたちません。そんな、いつものザナドゥなら余裕なのに…

そういえば、初期STRが60だったことを思い出しました。
今まではSTR80以上で初めていたので、STRの低さが如実に表れてしまっていたようです。

Level1の各塔に残したMagic Gloveを回収し、熟練度を上げて再度挑戦。

GAME_20160425_221822_637

あやうく負けそうになりましたが、Red Potionを使ってなんとか勝てました。カニ強い…。いや、Danchouの腕力が弱すぎなんですね…。

でもINTが高い分、強い単体呪文を購入できれば次からのデカキャラ戦は楽になるはずです。
でも、未だに鎧がClothのままなので、その前にRing-Mailを買います。ダメージを抑えないことには安心して戦えないので…。

038

なおデカキャラ戦中、テンキーさばく右手に噛みついたり、ディスプレイの前に立ちふさがったてジャマした畜生はこいつです。おしおきでちゅーるの本数を一本減らしました(ウソ)。

(文/団長)


ネコにジャマされながら、リバイバルザナドゥ2の実況やってます。


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。