【グラブル】グランブルーファンタジー クロニクル Vol.5 レビュー


いい歳になってもゲームばっかりやってる子供みたいな団長です。

さて、今回は忘れずに、グランブルーファンタジークロニクル Vol.5の方をレビューしていきます。

granblue262

表紙はオイゲンです。女の子が表紙の本は、レジに持って行くのがちょっと恥ずかしい方でも安心ですね。今時そんなシャイボーイがいるか分かりませんが。

granblue263

Vol.5での一番のアイテムは、グラブル最萌キャラ(団長の個人的に感想です)、ジータのハーピストです。
ハーピストの何がいいって、言うまでもなくお尻です。

ストーリー開設は霧に包まれた島を舞台とした第21章から第24章まで。イベント紹介は「神境にて辿る跡」「砂漠の砂、ひとしずく」です。

「神境にて辿る跡」はちょうど団長がグラブルはじめた時に開催されていたイベント。風神雷神の召喚石貰った時は嬉しかったなぁ…。当時は3凸しないと召喚石の真価は発揮されないと知らなかったので、一つ取って大満足していましたけど。イベント加入キャラのヨハンも、光ヒーラーとしてしばらくがんばってもらいました。

granblue264

ゲーム特典はいつものエリクシール・ソウルパウダー各2個、ガチャチケ1枚と、SRの[黒霧]セレストです。
加護効果はこれまで通り同属性ダメージ25%減。召喚効果で味方全体の光属性耐性UPもつくのですが、できれば闇属性UPの方が嬉しかったかなぁと。

granblue259

前回スルーしましたが、シュバリエの方にも闇属性耐性UPがついてます。微妙に使いづらいですね。
それ以外のティアマト、ユグドラシル、コロッサス、リヴァイアサンはそれぞれ攻撃と防御のアップダウン(いずれも小)です。

攻略情報は前回に引き続き初心者講座、コロッサスとフラムグラスのHL戦攻略、素材辞典です。素材辞典は各ジョブの証、ジョブマスターピースの素材と共闘クエストでもらえるアイテム中心です。

さて、Vol.5で各属性のボス石がアナザー版が揃ったわけですが、次回からは何がついてくるのでしょうね?クロニクルの公式ページもぜんぜん更新していないので、この先の展開がわからないのですが…??

CRMブックス(株式会社クロメア)の公式Twitterを見ると、けっこうなパツパツ進行のようです。
同社は「Material SNS fg」という立体物交流SNSも運営していた時にもろもろあったようで、少人数で大変なんだろうなぁという余計な心配をしたりしなかったり。

コンテンツ系は華やかで夢のある業界ですが、人気が多いゆえに競合も多く、供給過多のため請負額が安かったり、利益不十分で人間が確保できなかったりと、気の毒な状況の事業も多いです。
全部長すぎた不景気が悪いのですが、好況になってもあまり事情や待遇が変わらないのは、なんとも言えないものがあります。

ファンが「買い支える」という状況は、資本主義のビジネスのあり方としてなにか間違っている気がしなくもありません。その買い支えすら限界がきて、消えていくシリーズやコンテンツ、会社も少なくありません。
ホントに日本は好景気になってるのかなと疑問を感じずにいられませんが、拡大する一方の供給に対して、受け皿となるユーザー数が増えない、高年齢化している、高年齢化しているわりに所得が増えていないので消費が進まないなど、いろいろなネガティブファクターがあるのですが、グランブルファンタジークロニクルとはまったく関係ない話なので、また別の記事でこのへん書いていく…かもしれません。

ともかく、大変そうだなぁと思っただけの話です。最後まで買うので、本作り頑張ってくださいませ。

(文/団長)


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。