【団生ザナドゥ】HPあげと熟練度あげ


風の伝説ザナドゥは、従来のザナドゥシリーズ同様に装備に熟練度があります。

かつ、主人公のアリオスは自身の攻撃力と防御力を持たないので、装備性能=キャラの強さという割り切ったレベルデザインとなっています。そのためアリオス固有のステータスはHPのみとなっているため、レベルと経験値の概念がありません。HPの上限は、失ったHPを回復することによってアップします。

つまり、旧作同様にわざとダメージを受け続けることで、防具の熟練度をあげられ、ついでにHPの上限もあげられるということになります。

さて第二章に入ると、到着したグリコスの教会のすぐ外に敵が密集しています。
このタコ、数が多くダメージもそこそこ大きくやっかいです。
しかし、回復拠点(教会)に近くに密集し、ダメージも大きいため、HP上限あげと熟練度あげに適している場所ともいえます。というか、むしろここで上げろと言わんばかりであります。

近くに街があるので、早速装備を更新して放置。ガシガシダメージを受けて防御力(熟練度)がみるみるあがっていきます。当然HPも減るので、教会に戻ればHP上限もアップ。
これを繰り返すだけで、アリオスはどんどんタフになっていきます。

第二章になるとリュコス、ダイモスというお供がおり、立ち止まっていると彼らがずんずん周囲の敵を倒してしまいます。ステータス画面で「ATT(パーティメンバーに攻撃させる)」をオフにしておく必要があります。また、プロテアも装備しているとうっかりHP0になった時に使われてしまうので、これも外しておきます。

GAME_20160527_222144_601

本作のデスペナルティは、幽霊になって教会に戻らないとならないと復活できないというだけ。お金が半額になったり、セーブポイントからやりなおしにもなりません。ダンジョンの奥で死んでしまうとかなり面倒そうですが(説明書によると、洞窟の地形は抜けられないらしい)、現状ほぼペナルティはないという状況。死んだ方が回復量も増えるので、どんどんタコに殺してもらいます。

こうして熟練度をあげると、そのうちダメージを受けなくなります。アリオスの防御力が敵の攻撃力を上回ったためです。
ダメージを受けないと熟練度はあがりません。ダメージを受けないと回復もできないので、HP上限もあがらなくなるので、この場所であげられる熟練度とHPはここまでとなります・

…いや、待てよ?

…ということは、防御力を落としてダメージを多く受けることで、HP上限も効率良くあげられるということではないでしょうか?

防具を外し、HP上限があがりやすくなるマッシュルームを装備し、再度放置してみます。すぐに瀕死になるので教会に駆け込み回復。それを繰り返すことで、みるみるうちにHP上限はアップ! 開始時には200代だったHP上限が、666までアップしました。

GAME_20160527_222631_081

このHPあげ、最初の港付近でスライム相手にやれば良かったように思います。
装備を外せば熟練度もあがらないので、ひたすらスライムに殴り殺されることでHP上限をあげられたはずだからです。

しかし、HP上限は25点回復するごとに上限が1点加算される仕組みのようなので、初期値の100だと、殴り殺されても3点しかアップしません(教会復活時にHP1となり、回復量は99点かつ端数切り捨てのため)。スライムのダメージも小さいので、被ダメージ効率も良くはありません。
また、ここまでの戦闘は横スクロール面であってもプロテアを買い込んで乗り切るということが可能。なおかつ章が変わると金策もラクになることを考えると、効率の悪い最初に時間をかけてHP上限アップにはげむ必要はないかもしれません。

この教会のタコほどの攻撃力になると、少し放置しているだけで殺してくれるので大変高効率です。逆にこの場所での熟練度あげとHPあげに気づかないと、装備を更新することによってかえってHP上限があがらなくなり、いずれどこかでHPあげをしなければならなそうです。その時にこの教会に戻ってこれるならいいのですが、現状章をクリアすると以前のエリアに戻れないので、効率がいい場所を見つけたら積極的にHP上限あげと熟練度あげをしていきたいところです。

GAME_20160515_234933_468

ザナドゥらしいところが残っていて良かったという話です。

次回は本格的に第二章を攻略していきます。

(文/団長)


風の伝説ザナドゥの実況やってます。


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。