【団生ザナドゥ】異変・黒い光


GAME_20160530_222447_611

北に見えた光を追ってボラース地方にやってきたアリオス一行。

GAME_20160530_222952_692

「黒い光」が見えた後、イエティの村と繋がっていた呪話器がつながらなくなったという村長。他のマジックアイテムも使えなくなったり、魔法そのものが使えなくなったりで、村はパニックが起きているようです。調査にいこうと言うダイモスですが…

GAME_20160530_222955_494

こういう、リュコスの現実的な考え方は非常に共感が持てますね。

GAME_20160530_223014_677

GAME_20160530_223016_278

GAME_20160530_223018_528

黒い光のせいでイエティがおかしくなり、遊びにいっていた子供達も帰ってこないとのこと。調査のためにアリオスがイエティの村へ向かうことになりました。ダイモスは村の守り、リュコスは伝令役ということで、アリオス一人で行くことに。

GAME_20160530_223213_187

しかし、これまで魔法の絨毯などで通っていたこともあり、山道は荒れ放題。徒歩ではイエティの村がある峠までたどり着けません。

GAME_20160530_223330_228

村長に相談すると、教会の東に一人で住んでいるカラスじいさんなら、なんとかできるかもしれないとのこと。

GAME_20160530_223415_935

しかし、偏屈というウワサ通り、門前払いされます。

GAME_20160531_220354_536

再度村長に相談すると、孫のユリアなら懐柔方法を知っていると教えてもらえます。先に言ってほしかったですね。
早速聞いてみると、カラスじいさんは光るガラクタが好きなので、何か持っていけばやってくれるかもしれないとのこと。ガラクタの心当たりなどないので、しらみつぶしに村人に聞いてみると、子供が集めているとの情報をゲット。

GAME_20160531_220508_203

子供のガラクタ箱から伸びきったバネを手に入れ、再度カラスじいさんのところへ。

GAME_20160531_220529_937

すると、今度はカラスじいさんが埋めた宝物を持ってこいと言われます。

GAME_20160531_220640_589

峠を北に大回りしたところに、隠し場所があります。
カラスじいさんの家から遠い場所な上、モンスターがいない道をひたすら歩いていくだけなので、無駄にただ歩かされているような気がしてなりません。

アイテムを取りにいっている間、カラスじいさんは道を直してくれていました。
時間のかかるアイテム取りに行かされたのは、カラスじいさんがその間に道を修理しているためで、無駄に歩いていたわけではなかったようです。依然として必然性は感じませんけど。

峠道をたどってイエティの村へ。

GAME_20160531_221050_988

唯一人間と言葉が通じる長老曰く、子供達とイエティのアルゴスが、秘密基地に行ったっきり帰ってこないとのこと。探してほしいと頼まれます。なお、探してほしいと言われますが、特にヒントはなし。せめて心当たりくらいは教えてほしいものですが…

GAME_20160531_223017_532

子供の家に戻ると、例のガラクタ箱の中に「ひみつきちのいきかた」というメモがありました。ただ、このメモだけだと、さっぱりわかりません。

こういうのが得意そうなリュコスに聞くと、行き方を教えてくれます。
なお、そのヒントを覚えなくても、雪道に足跡があるので、辿っていけば秘密基地のプリズム洞窟へは行けます。

GAME_20160601_220655_013

洞窟の扉の奥からは子供の声がするものの、扉は閉まって開きません。そんな中、上から女の子が落ちてきます。

ピュラーと名乗る賢者の弟子らしき魔法使いの女の子は、峠の上にある環状列石に開けるための仕掛けが隠されているといいます。

GAME_20160531_222440_119

間違ったスイッチを押すと、カラスじいさんの家のまで飛ばされてしまいます。

GAME_20160601_221059_141

カラスじいさんの家にはリュコスが来ていて、グッドタイミングで例の環状列石のヒントを教えてくれます。

環状列石のスイッチの並びと、カラスじいさんの家の敷地にある墓石は同じ形で並んでいます。そして「8、1、4」という数字を教えてくれます。
隣の墓石にはそれぞれ番号が振ってあり右上を1として時計回り順に並んでいます。
つまり、墓石の8、1、4と同位置のスイッチを押せば開くということです。

なお、すんなり進んでいるように書いてますが、例によってヒントがまばらなため、実際にはいろいろな場所を行ったり来たりしながら進めています。戦うより移動時間の方が長いのではないでしょうか、このゲーム。

GAME_20160601_221434_287

プリズム氷洞が開き、子供達を救出。しかしイエティのアルゴスは、プリズム氷洞におさめられていたプリズムを盗んだモンスターを追って洞窟を出ていってしまったとのこと。例によってアルゴスを助けると約束するアリオス。子供達は村に帰っていきます。

しかし、アルゴスの行きそうな場所なんてアリオスが知るわけがありません。イエティの長老に聞いても分からない模様。またしても次どこに行けばいいのか分からなくなってしまいました。

正解は山を下りてカラスじいさんのところに行くでした。分かるわけがありません。こんなことなら、子供達と一緒に村に帰ったほうが良かったのではないでしょうか。

GAME_20160601_221849_449

カラスじいさんの敷地内で暴れるアルゴス。どうも例の環状列石に飛ばされたようです。

GAME_20160601_222006_925

そこにピュラーがやってきて、黒い光の影響で自傷行為に及ぶアルゴスを気絶させます。
ピュラーは師匠に命じられ、ドラゴンスレイヤーの継承者であるアリオスを探しているとのこと。アリオスは自分だと名乗ると、王都がダルダンディスに占領され、王も宰相も殺されたという話をされます。そしてアリオスを世界の果てであるギムノスに連れていかなければならないと告げます。

どう考えてもそちらの問題の方が大きそうですが、とりあえず目前のイエティをどうにかするということで話がまとまります。

GAME_20160601_222143_562

この村の村名は、かつてこの地にいた魔法使いビスキオからとられたもの。村長の家には、そのビスキオが残した書物が伝えられていました。そこからプリズム氷洞のプリズムで結界を作るための覚え書きをもらいます。

GAME_20160601_223302_925

そして、プリズム氷洞にあったプリズムをエリア内の山頂に置く地獄のような作業がはじまります。

ただでさえ広いマップをプリズム設置場所を求めて探し回らないとならないのです。しかもプリズムにはそれぞれ対応した場所があり、その順番に従って置かないとなりません。

すでに道中の敵も脅威とならない中、ただひたすら山道を歩いてプリズムを置いていくという作業に忙殺されることになります。すでにアクションでもRPGでもない、単なるマップ歩きゲームと化したザナドゥです。

GAME_20160601_223314_642

しかし、最後の一つのプリズムだけは、モンスターによって奪われています。そこで、ピュラーがイミテーションのプリズムを作り、自分の魔力をもって支えるということになりました。ピュラーすごいな。

GAME_20160601_223328_526

はっきりとわからない期間の間に、本物のプリズムを持ってくることになりました。

いつもの話ですが、ここからどこにいけばプリズムを持ったモンスターがいるのか、皆目見当がつかなくなります。

このエリアにはプリズム氷洞の他にボラース氷洞という洞窟があります。プリズムを設置する時に通りがかっているので場所は分かりますが、中に入ってもプロテアが入った宝箱が数個置いてあるだけで、なにもありません。ここにモンスターが逃げ込んでいるのは間違いないのですが、フラグ…てがかりを求めてあっちこっちを彷徨い歩く(歩かされる)ことになります。

なお、正解はビスキオ村に戻る、です。

GAME_20160602_220310_694

ビスキオの村まで戻ると、モンスターが襲撃しチコがさらわれたという話が。ダイモスとチコの父レオナルドがそれを追撃したもよう。
こういう時のためにリュコスを伝令役として残していたのではないでしょうか? あれこれ謎解きをしてくれましたが、当初の残留理由がさっぱり生かされないままパーティに再加入しました。
シナリオ書いてる人、途中で設定忘れたのかなぁ…。

GAME_20160602_220647_610

ボラース氷洞に到着すると、大きな氷柱に阻まれて先に進めないダイモスとレオナルドが。この先にモンスターがいったとのことですが、どうやっていったのでしょう?

また手がかりがなくなったので、今度はイエティの村へ。長老からアルゴスはイエティ一の力持ちなので、氷柱を壊せるはずと教えてもらいます。

GAME_20160602_221011_610

アルゴスはあのままカラスじいさんの家に厄介となっていました。

GAME_20160602_221202_285

アルゴスに氷柱を壊してもらって奥に進むと、逆さツララのトラップに道を阻まれます。ザナドゥらしくなってきました。

逆さツララの先でチコを救出すると、いよいよボス戦です。

GAME_20160602_222213_838

倒し方がよく分からない敵がたくさん出て来ますが、戦うことにメリットがなく、基本的にスルーしても進めるので、どんどん先に進みます。途中逆さツララが生えている場所もあります。さすがザナドゥです。

GAME_20160602_222403_995

チコをさらい、プリズムを奪ったモンスターとの戦いです。顔の下で上切りしてればそのうち勝てます。攻撃もそれなりにもらいますが、HPあげをしっかり行い、プロテアを多数装備していれば負けることはないでしょう。

いつも通り大雑把なボス戦が終わると、ビジュアルシーンに入ります。

GAME_20160602_222556_121

アルゴスがお供に行きたいと言い出します。ピュラーが結界を復活させたことで、クレーネの石(クレーネ・ジェル)から放たれる邪悪なかがやきからイエティを守れるようになりました。
しかしその外に出るのはまだ危険なはずですが…

GAME_20160602_222607_889

ビスキオが残したこの欠片を飲むことで、邪悪な光の影響を受けずに済むそう。なにその便利アイテム…

「そんなものがあったの? そんなものがあったら、あんなめんどくさい結界なんか…」というリュコス(CV/矢尾一樹)。相変わらずプレーヤーの気持ちを代弁してくれます。

ともあれ、めんどくさいお使いだらけだった北方ともこれでお別れです。

GAME_20160602_222644_026

例によって「時が真実を明かす」だのと核心部分を隠されながら、次の目的地に行くことになります。「いい加減な師匠だな~」というリュコス(CV/矢尾一樹)。まったくです。

GAME_20160602_222801_162

ギムノスにいっている間、王都が無事とは限らないからとギムノス行きを渋るダイモス。結局どちらに行くとも判断できずにいると、リュコスが「自分が王都に行って、様子を確かめてくる」と提案。効率主義者のデキる男です。それに比べて脳筋主従は。

GAME_20160602_222829_879

リュコスと別れ、ダイモス、ピュラー、アルゴスと共に次の目的地であるミレニア国アイマ地区に飛ばされることに。

え!? 王都かギムノスかで悩んでいたんじゃないの!?

(文/団長)

 


風の伝説ザナドゥの実況やってます。


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。