ハイスコアガール CONTINUE展に行ってきました!


247

6巻発売以来、一日一回はハイスコアガール読んでる団長です。こんばんは。四巻はまだ発見されません。

二年ぶりに連載再開に大喜びのファンも大勢いらっしゃると思いますが、そんなファンたちのために、「ハイスコアガール CONTINUE展」という催しが中野で開催されました。

248
▲大野さんと日高さんに挟まれてハルオ気分が味わえる顔出しパネル

事件によってお蔵入りとなった「幻の34話」の全原稿をはじめ、原画の掲載、グッズの販売など、ハイスコアガールファンにはたまらない内容でした。

「幻の34話」は写真撮影禁止。実際に掲載された34話とは対戦するゲームと展開が若干違っています。むしろ訴訟云々があったのに、対戦作品ヴァンパイアハンター以外がSNK作品になってたことに驚きました。和解条件の一部なのか、著作権についてクリアになりましたということなのか。とはいえ、ハルオと日高さんがつながったきっかけがMVSだったことを考えると、単行本に掲載された話のほうがしっくりきますね。

250

249

その他にも原画が多く展示されていました。日高さんいいですね。日高さん最高です。

グッズはクリアファイル、キーホルダーマグカップ、そしてイベントを主催しているMHzSHOPがアパレルショップということで、オリジナルTシャツが販売されていました。私はクリアファイルとキーホルダーを購入。キーホルダーはハイスコアガール大ファンの友人へのおみやげに買いました。

251

クリアファイルは自分用です。どれだけ日高さん好きなんだよってカンジのチョイスです(笑)。

イベント会場の入口正面の壁にはハルオと大野さんを模したドット絵の周辺に、これまたドットタイル状に付箋が貼ってありました。

そこには、再開を待ち望んでいたファン達のパッションで溢れていました。

付箋にはハイスコアガールのコンティニューを喜ぶ人達のメッセージが書き込まれていました。ハイスコアガールを愛し、この日を待ちわびていた人達の声です。

壁に貼ってある白紙の付箋を剥がしてメッセージを書いて店員さんに渡すと、オリジナルICカードシールがもらえます。水曜日に行った時にはほぼ白紙の付箋がありませんでした。会期も後半ということで、出遅れた感がありましたが、おかげでファンたちの高い熱量を感じることができました。

私も書きました。「再開してくれてありがとう」と。

この素晴らしい作品が再開されると聞いた時、私は誰かに感謝したい気持ちでいっぱいでした。それは神様だったり作者の押切さんだったり、出版社だったりSNKや他のゲームメーカーだったり。ともかくこの作品に「続き」の道を作ってくれた人達全員に感謝したい気持ちでした。

それを素直に付箋に書きました。

ICカードシールを貰いましたけど、これ、もったいなくて貼れないですね。このシール、よく見ると技コマンドがエンボスで印刷されていて、かなり凝っています。

もしかしたら付箋分しかシールが用意されていないかもしれないので、欲しい方は急いでいきましょう。

そもそも会期も次の日曜までなので、本日を入れてあと三日しかありません。

ファンなら行かなかった事を絶対後悔します。

再開された喜びを噛みしめ、その気持ちを付箋に書いてきてください!

(文/団長)


ハイスコアガール CONTINUE展

会期:7/25(月)~8/7(日)
時間:13:00~21:00
料金:無料

場所:SF DEPT. B1ギャラリー
住所:東京都中野区中野6-21-1 B1

地図:


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。