【ニュースの小ネタ】「死」は世の中を分かつのか


256

原爆の日や終戦記念日が連なる八月。多くの地域やメディアで「戦争」と「平和」に関する様々な催しや特集が組まれます。

それにからんで広島平和記念公園では、6日の祭典までにポケモンGO関連のロケーションの削除、およびポケモン自体が出現しないよう開発会社であるNiantic社に申請、同社も対応したことのニュースが話題になりました。
例年変わらずに行われている記念式典よりもポケモンGOの削除の方が大きな話題になってしまったのは、なんとも残念な感じではあります。

さらに広島に続き、長崎平和記念公園でも長崎市が広島と同様の申請を行い、こちらも削除されたそうです。

広島 平和公園 ポケモン現れる場所からも除外(NHKニュース)

長崎平和公園内のポケモンGOアイテム入手場所削除(NHKニュース)

慰霊の場にふさわしくないとか、ポケモン目当てのユーザーが公園付近に違法駐車を行って迷惑とか、理由は様々あるようですが、削除は当然とする意見が多数を占める中で、一過性のブームにここまで目くじら立てる必要があるのかなと、両市の過剰反応が気になった方も多いと思います。

ポケモンGOのジムやポケストップは、Ingressのユーザーからポータルとして申請されたモニュメントをそのまま流用しています。そのように申請されたオブジェクト群の中に、各地の慰霊碑も含まれていたというだけの話です。戦災慰霊碑があるのは、なにも広島と長崎に限った話ではありません。

Ingressユーザーがなぜそのモニュメントを申請したのか、理由は様々でしょう。しかし、ゲームを楽しみたいという純粋な気持ちによって申請されたものであり、戦死者を冒涜しようなどと考えているはずがありません。もちろん、Niantic社や任天堂にしてもそうでしょう。

しかし、実際にマナーの悪いプレイヤーや、レアポケモンが出るという噂が流れ、多くの人が大挙して訪れるようになりました。サービス開始以来、連日のように「ポケモンGO関連の迷惑行為」が報じられています。実際、私自身もマナーの悪いポケモントレーナーの姿をたびたび見かけており、正直同じプレイヤーとしても正直フォローできないようなひどい事例も目にしています(これは後ほど記事にします)
そういう状況に際して考えれば、原爆記念日も近く、このままだと記念式典にも支障が出ると判断した広島市側の判断は妥当であるとも言えます。

それでも。

平和記念公園でポケモンを遊ぶという事を、もっと国民の間で議論してもらい、その上で結論を出すべきだったのではないかと思います。原爆投下について改めて考えるきっかけにもなったかもしれません。「不謹慎」の一言で片付けるのは、もったいなかったのではないでしょうか。

原爆投下は戦争が生んだ悲惨な過去であり、風化させてはいけない記憶かもしれません。原爆に限らず、戦争で死んだ人達の状況を想像し、その死を悼むことは大切なことです。しかし、死者がいつまでも現世の人間を萎縮させてはいけないとも、私は考えます。

8月になると様々な終戦セレモニーが各地で開催されます。世間はそろそろ夏休みですが、もう一度現世と70年前のこと、戦争と平和について、考えてみるのもいいかもしれませんね。

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。