【グラブル】突然終わってしまった「アーカルムの転世」と可処分時間の奪い合い


16日から開始されたアーカルムの転世が、17日の第四戦を前に「中止」となりました。

赤チームに所属していた私はワンサイドゲームに酔いしれてガリガリと敵の領土を削っていく「快感」に酔いしれていました。
「第四戦もがんばるぞぃ」と律儀に20時にログインしたら、プレゼントリストに10連ガチャチケ1枚、宝晶石500個、エリクシールハーフ20個、ソウルシード20個が入っていました。

あー、久々になにかやらかしたかなーと思ったら、かなり楽しみにしていたアーカルムの転世が終了していた次第。

granblue438

まさにこんな心境でした。

プレイベントの時から感じていましたが、なんとなく準備と説明が足りないカンジでした。ゲームの目的もよく分かりませんし、参戦方法も直感的に理解できません。なによりインターフェイスもイマイチですし、報酬がもらえるバナーにイデアを消費するプレゼント欄へのリンクボタンがないなど(ショップの中にある)、全体的にイベントに参加するインセンティブが感じづらかったのではないでしょうか。

まあ、昨日はぼろ負けしていた我が軍が、今日は青、緑に本拠地以外の領土を許さないくらいの圧勝となっていたので、これは完全にバランスがダメなんだろうなとも思いましたが。

granblue439

イベントの目玉として用意されていた新召喚石も能力は伏せられたまま。その上、アーカルムの転世で必要なアイテムはアストラやイデアといった小数のアイテムのみ。残りはマグナ戦、マグナHL戦でのドロップアイテム。アーカルムの転世関係ないじゃん。

運営からも「ものすごく強い召喚石」、アルカイックウェポンと対を成す存在のように仄めかされていましたが、中止となった今となっては全て闇の中です。アルカイックウェポン同様、段階を追って強化されていく仕組みなので、その全容はホントに誰も分からなかったようです。

本イベント開催を受けて、Lord of Vermilionコラボのディフェンドオーダーも「休止」していましたが、召喚石ミリアの3凸が終わってないユーザーからは会期が短くなっただけでなんのメリットもない措置だったように思います。

一時期に比べて運営も安定したように思いましたが、慣れないことをやろうとすると恐ろしい勢いでボロが出てしまうのは、ソーシャルゲームが「ゲーム」ではなく「インターネットサービス」を元に生まれたゆえんでしょうか。
ディフェンドオーダーもアーカルムの転世もAP/BPを消費しない…すなわち課金要素が少ないコンテンツです。なので、なんのために(こんな不安定な)イベントを導入したのかよく分かりませんでした。

しかし開催時間が不定期でガッツリ遊ぶにはTwitterのチェックや頻繁なログインが必要なディフェンドオーダー、そして開催時間がスケジューリングされているアーカルムの転世の共通点を考えると、なんとなく見えてくるものがあります。

それが「ユーザー時間の拘束」です。

ユーザーの楽しさ、プレイアビリティよりもDAUや収益を優先する傾向にあるソーシャルゲームですが、ポケモンGOのリリース以降、各ソーシャルゲームのDAUと収益は悪化の一途をたどりました。
ポケモンGOからユーザーを取り返すために、各サービスとも様々なテコ入れをする中、グラブルも新サービスに力を入れたのでしょう。

「ゲーム」から生まれたポケモンGOが「インターネットサービス」から生まれたソーシャルゲームを完膚なきまでに叩きつぶしていく現象が各地で発生していたわけですが、出自がなんにせよ面白いコンテンツが可処分時間を奪っていくという大鉄則は変わりません。

ソーシャルゲームの多くは、APやスタミナやその他もろもろの名前がついた数値を消費してゲームをプレイします。これらの数値が導入されている目的は、ユーザーのプレイ機会を絞るためです。すなわち「もっと遊びたかったらお金払ってね」ということです。
ソーシャルゲームはこのシステムで「もっと遊びたい」ユーザーに課金させることで収益をあげてきたわけですが、ポケモンGOにはそういったプレイ機会の制限がありません。捕獲については「モンスターボール」という制限がありますが、これらは各ポケストップで回収でき、供給元が複数あるエリアでは溢れるほどボールがもらえます(地方により差はありますが)。

ポケストップをまわるという、能動的にプレイ回数を増やす手段があるため、プレイヤーは積極的に「移動」し、ボールを貯めてポケモンゲットに励むという一連の流れが生まれます。その環流が途切れずユーザーが流れつづけるので、他のゲームの可処分時間がゴリゴリ削られていくということです。

ポケモンGOに奪われたユーザーの時間を奪還するため、戦績をがっつりためたいなら頻繁に開催時間をチェックしないといけないディフェンドオーダーや、開催時間が決まっており、開戦中はガッツリ拘束されるアーカルムの転世といった「AP/BPは使わないものの拘束時間が長い」コンテンツを前面に押し出してきたのでしょう。

残念なことに、そのミッションは達成できなかったわけですが…。

できればきっちり調整して復活してほしいなぁと願うばかりです。単調でしたけど、陣取り要素はそこそこ面白かったので。

(文/赤蟹)

 


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。