【長谷川豊問題】長谷川豊ならびに一般社団法人「医信」に質問メールを送りました


342
※画像はイメージです。

「【ニュースの小ネタ】長谷川豊という41歳児と医療ジャーナリズムという欺瞞」に「内科医」の方からこんなコメントをいただきました。

>読点が「。」ではなく「.」であることに日本語教育の限界を見る思いですが(※9/28追記。「,」「.」は裁判文書で使われるもので、弁護士が書面を書くとこうなるそうです。…え?弁護士が出てきてるの??

医学書や医学論文、医師の学会発表に関わる抄録や発表スライドでは「,」「.」を使います。病院の電子カルテや医師個人のパソコンで入力をその仕様にされているのをよくお見かけします。一般社団法人 医信の理事で医療に携わる方が文章を作成したのだと考えるのが妥当です。ご本人に取材をせず、大多数の人の目に触れる文章を憶測で書いている点は筆者も長谷川豊さんと同じであるように感じます。

句読点については医学論文などで使われる書式であって、法律家によって書かれたわけではないようです。これは私(赤蟹)の不見識、知識不足でした。すでに記事は修正させていただきました。ご不安を与たえる結果になり、大変申し訳ございません。

「てらどらいぶ」はこれまでの記事で、「殺せ」という感情的な発言よりも、長谷川豊および医信の一連の発言により毀損された医療関係者の信用について心配していると書いております。長谷川豊がごく一部の人工透析患者を見て「全額負担か殺せ」と言ったように、人間は少なからず「一部が全部」と思ってしまう思考的に危険な面があります。そのため、一連の発言が非常に危険ではないか、という立場で記事を書かせてもらっています。

また、ご指摘の通り私は医療関係にはそこまで詳しいわけでもありませんし、ジャーナリストでもありません。一連の記事は素人感覚で書かれたエッセイに過ぎませんので、この点はご理解いただければと思います。

とはいえ、ご指摘のように、「本人に取材もなく」、私の見識だけで一方的に記事を書いてしまっては「筆者も長谷川豊さんと同じであるように感じ」られるとの意見は、まさにその通りだと思います。私の考えだけであれこれ書いてしまうのは、確かに危険なことです。

ですので、公平を期すため、また私自身の知識欲求のため、一念発起して長谷川氏ならびに医信に質問のメールをさせていただくことにいたしました。

このような問題の中、長谷川氏と医信の方々がどうのように考えているのか、なるべく失礼のない質問に絞りました。
なお、質問状を書いたのは初めてですので、書式もろもろ間違いがあるかと思います。あらかじめご了承下さい。

なお、蟹は病人のため、弊サイト管理人の団長の名前でメールを書きました。ま、本人に許可は取っていません。事後報告でよいでしょう(ひどい)。

 

質問内容は以下の通りです。


長谷川豊様

ネットメディア「てらどらいぶ」の●●(実際は団長の本名です)と申します。

今回の長谷川様の一連の発言について、お伺いしたいことがございますので取材させていただければ幸いです。
ご多忙かと存じますので、メールによるご返信で構いませんので、お答えいただけると幸いです。

弊メディアの質問は以下の通りです。

 

1.今回の人工透析患者に対する見解について、長谷川様は「取材の結果」と発表されています。これは人工透析の治療を担当する医師の発言として、大変問題のある内容かと思います。なので再度、一連の発言は取材した医師の発言なのか、長谷川様個人の見解か、ご回答をいただければ幸いです。

2.長谷川様は横柄な患者と、それに迷惑を受けている医療関係者の姿を見て、義憤により過激な発言をしてしまったと発表されています。そのお怒り、ご不満についてはごもっともと賛同いたします。
しかし、長谷川様がご覧になった一部の情景のみで人工透析患者全体の問題のように言ってしまったことは、仮に社会保障の問題提起とはいえ大変不適当かと存じます。なぜ、このような考えに至ってしまったのか、詳しくお聞かせいただければ幸いです(発言内容ではなく、長谷川様がどうしてこのような考えになってしまった、をお答えいただければと思います)。

3.9/29に一般社団法人「医信」が公式Facebookページ上に発表した謝罪文は、医師が用いる専門的な書式であるとのご意見を頂きました。本謝罪文は全腎協に対する明確な謝罪が記載されていないということで、主にネットユーザーが疑問を感じてしまったと認識しております。
言い換えるなら、医信に所属する医師が、医信全体の見識に基づいて記載、発表したということを証明してしまったことになるかと思います。医師の立場で人工透析患者の負担を見直し、一連の長谷川氏の「義憤」を是認しているということになるわけで、弊サイトとしては医療への信用における、非常に危うい発言をしてしまったのではないか、と懸念しております。
この発言について、長谷川様ならびに記載された医師の方は、「医療業界の信用」について、ご自身の発言に対しどのように影響するとお考えなのか、お教えいただきたく存じます。

4.9/29には一般社団法人「医信」のホームページにアクセスできなくなりました。また、本日(10/7)に確認したところ、上記謝罪文が掲載されていた一般社団法人「医信」の公式Facebookページも全記事が削除されておりました。正しい意見であれば掲載を続行するべきではないかと考えます。両ページをなぜ削除されたのか、理由をお教えいただけないでしょうか。

 

以上です。なお、ご返答につきましては「てらどらいぶ」にて公開させていただきます。こちらの質問状も、同サイトにて全文掲載しております。

また、公開書式についてはこのような騒動の折り、いろいろとご都合もあるかと存じますので、ご指示があればお申し付け下さい。ご返信の際に併記していただければ幸甚でございます。

最後となりましたが、今回の質問について、長谷川様ならびに医信の方々を貶めるつもりはございません。長谷川様と医信の方々の、現在の率直な意見をお尋ねしたいと考えている次第です。本質問によって長谷川様、ならびに医信の方々への疑念が少しでも緩和できれば、弊サイトとしても幸いに存じます

ご多忙かと存じますので、お手すきの際にご回答ください。心よりお待ち申し上げます。

「てらどらいぶ」管理人 ●●(本文では団長の本名)
URL:http://teradrive.jp/
メールアドレス:info@teradrive.jp


こんなカンジで質問のメールを作成しました。

よおし! 送るぞ!

…。あ、あれ?

メールアドレスがない!

おそらく「お仕事の依頼」というところが連絡先になるかと思いますが、「本音論 本気論」ならびにアメブロのコンタクトも、いずれも404 Not Foundになってしまいます。

幸い、Facebookの医信のページからメールが送れるようですので、こちらから送付させていただきました。

ご返答があり次第、追って報告いたします。お楽しみに。

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

2 thoughts on “【長谷川豊問題】長谷川豊ならびに一般社団法人「医信」に質問メールを送りました

  • 2016年12月2日 at 13:37
    Permalink

    その後何の連絡もないのですか?その事実こそ団長の指摘が的を射ている証明ですね。
    細かい点で揚げ足とって指摘の重要性から論点をそらすかのような「内科医」さんは、本来は同業者として「医信」の欺瞞性を糾弾すべき立場であるのに情けないことです。

    Reply
    • 2016年12月2日 at 13:57
      Permalink

      コメントありがとうございます。
      お送りした質問について、医信並びに長谷川氏からお返事いただいておりません。
      当時コンタクトフォームも404で隠されてしまっていたので、連絡先探すの大変だったですけどねぇ…。

      Reply

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。