【ニュースの小ネタ】豊洲移転問題、フジテレビが写真の加工を認める。


パースじゃないかと言われていた豊洲市場内の写真の件、フジテレビが作為的に「加工」していたことを認めました。
歪んでいたのはレンズではなくて番組制作者の根性でした。

「新報道2001」、豊洲市場の柱問題で「誤解招いた」(Livedoorニュース)

あのねぇ、今時の人はそんなにバカじゃないんですよ。

スマホにカメラがついている時代、写真の隅に移っている人の顔が伸びたり斜めになって写ってしまった経験、誰でもしたことある時代です。パースなんて専門用語知らなくても、体験的に「あれ?おかしくない?」と写真撮りまくってるJKだって分かる時代です。

そんな2016年の現在、よくこんな写真を「柱が傾いている」などと出しましたね。斜めになっている柱より、そのクソ度胸の方がビックリですよ。

2日の放送では、東京・中央区区議から提供された加工パッケージ棟4階内部の写真をパネルにして紹介。左側に写る柱が傾いているように見えることを指摘していた。

家業が築地仲卸という中央区議、わたなべ恵子議員から提供された写真という時点でバイアスかかりまくりだと思いますが、それに対し東京都専門委員である森山高至が番組内で「柱が曲がっている」と発言したことで話題となりました。

で、実際の番組の映像を見たのですが、例えば日本地質汚染審査機構の楡井氏の発言は明らかにトリミング。プロカメラマンのコメントはナレーションが代読(誰のコメントなのかさえ分からない)という有様。

話題の森山高至もレンズによる傾きの可能性をしてきしながらも、経年劣化でズレたものではなく、もとより欠陥施工であったと聞こえるコメントをしています。

この放送に主に移転賛成派の識者は疑問を持ちました。こうしてにわかに「捏造ではないか」という疑いが加速してきました。

これについて司会の須田哲夫アナウンサーは9日の放送で、都から「不具合は認められなかった」とする回答があったことを説明。建築士や映像解析の専門家の見解も示し、「柱が傾いて見えるのは撮影の影響とみられる」とした。

結局、フジテレビは捏造であったことを認めたのですが、そのコメントも笑えます。

訂正の放送は約1分半。最後に須田アナは「一連の報道により誤解を招いたことを真摯に受け止めます」と述べた。

作為的な内容を放送したことは、「誤解を招いた」とはいいません。「ウソをついた」といいます。
真摯に受け止めますじゃなくて反省しろよ。そんなんでよく社会人やってられるな。

しかし、フジテレビ側の言い分としては作為的なものではなく、あくまで画像を修正した結果と(苦しい)説明をしています。

その上で提供写真の加工疑惑については「右側の柱を垂直に合わせたため、左側の柱の傾きが結果として強調されることになった」と説明。局側で写真を加工したことを認めた。

そもそも論として、なぜ左側の柱にパースがかかるのが分かっていながら、無理矢理右側の柱を垂直に合わせるようなマネをしたのでしょうね。加工の時点でヘンだと思わなかったのでしょうか。

千歩譲って視聴者が見やすいように「修正」したというなら、そのような修正を行ったと放送内で説明するべきではなかったのでしょうか。
この前提を提示せず討論しても全く無意味ではないですか? 出演者全員フジテレビのウソに踊らされた赤っ恥ピエロってことになるんですが。

そんな森山氏ですが、フジテレビのテヘペロを受けて、こんな発言をTwitterに投稿しています。


これが東京都専門委員を任命している51歳の発言です。51歳といえば、師(孔子)曰く知名の年齢です。天命を知るお年頃です。
そんな御方が「森山がー!テレビがー!」です。森山氏はどんな天命を受けたのでしょうね。

まあ、いつものようにツッコミを入れさせてもらいますが…

俺は放映中に所詮15秒とか20秒しかしゃべってはおらん。その中に自分の意見など2秒か3秒だ。

都の専門委員のわりに一人称が「俺」というのも実に品がなく、この人は普段どんな態度で仕事しているんだろうなと疑問を持ってしましますが、いいとしましょう。
とりあえず、番組内での彼の発言の真意は、15~20秒の持ち時間を貰っているのに2、3秒程度だったそうです。その貴重な時間をフルに使わずせいぜい2、3秒しか意見を盛り込めないというプレゼン能力のなさがとても気になります。

そして次の発言です。

俺が役に立ってる真骨頂は制作サイドとの前日の番組構成の打ち合わせだ。こちらは夜中に1時間でも2時間でも付き合っているのだ。

これ、要するに森山氏が、番組の捏造に加担していたということですよね。

完全にアウトじゃないですか!

捏造ではなかったとしても、画像を加工した事実は知っていたわけですよね? 分かっていないで夜中の1時間や2時間「構成の打ち合わせ」してたはずがないですよね? そんな事も分からずやってるのなら寝ていたほうがマシです。

つまり、「森山がー!テレビがー!」と批判している人達の砲撃は極めて正確で、そもそも捏造に加担していた森山高至には反論する権利すらなかったってことですよ。

 

豊洲移転を止めたい人達は、自分たちは杜撰な都政の犠牲者であり、移転中止は正義であり、どんな手段を使ってでも止めなければならないとでも思っているのでしょうが、さすがにウソついたらアウトです。問題に対して極めてニュートラルな人間でも「テレビを使って大嘘つくような人は信用できない」と考えるからです。

都職員や都議の方がウソをついていると彼らは言いますけど、そうだとしてもウソをつきかえしてよいっていうルールはありません。
ヒール同士でやるプロレスが意外とつまらないのと同じで、どちらもウソをつきはじめたら、傍観者(といよりも都税払っている都民)はどっちを信じていいのか分からなくなります。正義を標榜するなら王道を往くべきで、少なくとも小池都知事のブレインであるなら都民を欺くようなマネをしてはいけません。

こうなると、たくさんの情報を収集してどちらの発言がより正確なのか、ウソをついた場合、誰が受益者になるのか精査していく必要があります。
前回の記事でも書きましたが、小池都知事が「都政の闇」と戦うことを期待されて当選したという事実を踏まえると、なにがなんでも対立者には「都政の闇」になってもらわなければ困ります。投票した有権者も内田茂氏をはじめとした都議会の魑魅魍魎、都庁の悪鬼悪霊を討伐してくれると楽しみにしていたわけですが、蓋を開けてみるとそんなものはどこにもいなかったのではないかという話になりかけています。

そこにきて既存の公共事業にケチをつけまくる森山高至という道鏡ともラスプーチンとも言える怪しい人間が跳梁跋扈しだしたのだから、どっちが物の怪か分からない状況になっています。要するに「政治」の問題であって、これを掘り下げていっても都民の誰も得しないのではないかという疑念すらあるのですが、「都政の闇」と戦うことを標榜した「ナポレオン」の小池都知事としては、都議会や都庁には「スノーボール」になってもらわなければ困るわけで、そのために森山高至という「スクィーラー」にどんどん告発してもらう方がいいわけです(ちなみに動物農場の話ですよ)。

築地がすでに耐久年数を超えているのは事実ですし、豊洲がベストかは別としても、一方の言い分だけで決めてしまっていいのでしょうか。感情論だけで移転中止に押し切られてしまいそうな勢いですが、仮に築地に市場が残ったとして、仲卸の人達以外誰が得するのでしょう。そして建ててしまった豊洲の建物はどうするのでしょうか。

当たり前ですが「豊洲市場は漫画喫茶として使おう」という暴論は認めるわけにはいかないんですよ。

そんなわけでフジテレビがテヘペロした結果、森山高至がTwitterで吠えまくっているのですが…まあ、なんというのか、知命を迎えたオッサンの発言とは思えない自己弁護のオンパレードで唖然とするほかありません。

ご自身の番組も「ニュートラルな独立存在」ではないですし、「情報を加工して販売」してますものね。マスコミ幻想ですか。マスコミファンタジーですね。良い言葉だと思います。よほど純真でなけば、今時「マスコミがニュートラルな情報を発信している」なんて思う人いなそうですけどね。

で、今回の場合、「新報道2001」なる番組がバリバリのバイアスをかけ、一部の世論に有利なように画像を加工していることが問題になっているわけですが、そのあたりの見解はいかがなのでしょう。


都税を払っている我々には、テレビを見て貴職の意見、もしくは関与した番組の構成に文句をつける権利くらいあると思いますが。
「なんでテレビ見てるんだろう」って、こちらからすれば見られたくなかったら番組作るなって話です。夜中に1~2時間製作会議やるくらい製作サイドに食い込んでいるなら、「こんなウソっぱちな内容はやめましょう」と言うくらいの提案、できたんじゃないですかね?

単純に言えば、良心の問題なのですよ。仮に私が豊洲移転反対派だったとしても、このような森山高至のやり方には賛成できかねます。さっきも言いましたが、王道を歩んでいないからです。都議会がウソをついていると糾弾しながら、自分もウソをつきまくっているからです。

 

聞かれるまえに答えておきますが、私自身は豊洲でも築地でもどっちでもいいんです。正直関心ありません。関心ないなら黙ってろと言われそうですが、都税払っている東京都民である以上、自分の意見をいう権利くらいはあると思うので、ずらずらと思うところを書いているだけです。

前回の記事でも書きましたが、本当に検査しているのかよく分からないパフォーマンスだったり、豊洲の汚染だけ検査して築地は検査しないといった片手落ちなやり方、「都の暗部を暴く」と言っても出てくるのはこじつけのような話ばかりだったり、挙げ句の果てには都の専門家委員が出演している番組であからさまな捏造があった上、その建設エコノミストなる人物がTwitterで51歳とは思えない発言をしているという現実に疑問を持っているんです。

簡単に言いますと、こういうズルいやり方が気に入らないのです。

こういうの、プロパガンダって言うんですよ。

個人的には移転しまいが移転しようがどちらでもいいのですが、都税を使った重要な問題であるため、様々な視点から多角的に情報を集めた上で適正な判断してください。一部のセンシティブな意見を優先しないでいただきたい。

そして最大のお願い。

政治に利用しないでください。

蟹からは以上です。

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。