「てらどらいぶ」更新に関する重要なお知らせ


japanese female doctor talks by serious expression with patient

てらどらいぶ管理人の団長です。

本日17時ごろ、父が心肺停止で病院に搬送されたという連絡がありました。

そのため、「てらどらいぶ」の記事更新をしばらく停止、もしくはペースダウンさせていただくことになりました。

実を言えば、私(団長)と裏の管理人の赤蟹は、「友人」とか「大学の同級生」と言ってましたが、実は双子の姉弟であります(同じ大学に通っていたので、大学の同級生なのは事実ですが)。

そのため管理人二人の実父が倒れたということになり、父の容体次第では埼玉の実家に戻らなくてはならない状況になりそうです。実家にもう一人兄弟がいますが、老いた母と弟だけに任せるわけにはいかないですし、そこまで容体が悪いとなればどのみち帰省せざるを得ません。

これに伴い、ニコニコミュニティ「てらどらいぶチャンネル」で毎日放送されているゲーム実況、および毎週金曜日の「デル生」もしばらくお休みさせていただきます。

今年の1/4以来、毎日欠かさず更新してきた「てらどらいぶ」ですが、このように冗長性のない管理体制、コンテンツ制作体制のため、残念ながらその記録もスローダウンせざるをえなくなりました。

どこかから持ってきたような記事だらけのバイラルメディア全盛の昨今にあって、すこしでも良い記事、読んで役に立ったと思える記事作りを目指してきましたが、事情が事情のため、しばらくはニュースリリース等の掲示に留めようかと思います。

開設以来10ヶ月、ありがたいことにリピーターの方も増え、PVも急激に伸びてきており、まさにこれからだという時ではあり、管理人としても忸怩たる思いがあります。が、今は父の容体が気になって何も考えることができません。

呼吸も停止していたものの、現在はカテーテルにより自力で呼吸できるところまで回復したようですが、予断を許さない状況には変わりありません。入院は確実で、無呼吸状態が長かったので酸素欠乏症になる可能性が高いとも言われているようです。

父は30歳のころから筋萎縮症を発症しており、特に定年を迎えてからは自力での歩行や起床もままならない状況でした。身体が動かないために唯一の趣味が「艦これ」という70歳の老人にしてはアバンギャルドな生き方をしていましたが、ゲームも続けられるか分からない状態になってしまいました。

昨日も秋葉原BEEPにザナドゥのCDを買いにいくとメールしたところ、久々にPC-88に触りたいとか、ザナドゥ懐かしいなどと言っていた父でした。思えばPC-8801mkⅡFRを「これからの時代、パソコンができなければ生きていけなくなる」ということで姉弟に買ってくれたのも父でした。

ここ最近は艦これの秋刀魚漁を熱心にやっており、言うまでもない事ですが、倒れた時も艦これをしている最中だったようです。戦艦が好きな父は艦これにとどまらず、三日前にもリアルな艦隊戦を遊びたいということでWorld of Warshipsに登録しようとしていたり、70過ぎてのゲーマー人生を謳歌していました。

まさかザナドゥや姉と艦これの秋刀魚イベントのメールをやりとりした翌日に心肺停止になるなどと思いもよらず、動揺が隠しきれません。が、老いた両親がいるというのは、こういうこともありうることなんだなと、何事もない平凡な毎日のありがたさを思い知った次第です。

このような状況ではありますが、もちろん「てらどらいぶ」は今後も継続いたします。

今後も変わらぬご愛顧を、よろしくお願い申し上げます。

(文/団長)


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。