新作カードゲーム「進め!ユグドラ探検隊」リリースとクラウドファンディング協力のお知らせ


※本記事はプレスリリースを元に構成されています。

352

スマートフォン向けゲームアプリやイラスト提供などを行っている創作集団タルオシル合同会社が、初のアナログゲーム「進め!ユグドラ探検隊 -First Dig Edition-」の発売を決定。リリースは12/11に開催されるゲームマーケット2016秋を予定しています。

ゲームマーケットと言えば、同人サークルからホビージャパンのような大手アナログゲーム販社まで集う、まさにアナログゲームの祭典。アナログゲーマーな団長もしばしば遊びに行っています。

「進め!ユグドラ探検隊」は並べたカードを地中に見立てて、各プレイヤーが最深部に眠るアーティファクトを目指して進むというゲーム。ダイスによってランダムに進行方向が決まるため運の要素が強そうに見えますが、掘った所(カード)で得た財宝やスキルなどを駆使して進行を加速させたり、妨害したりとプレイヤー間の駆け引きができるとか。

353

カードを地中に見立てるというコンセプト、こだわりのコンポーネントと、ファーストタイトルだけにタルオシル社の意気込みが伝わってきますね、

そんな本作ですが、現在クラウドファンディング「CAMPFIRE」で商品の量産、各ゲーム店で資金募集を行っております。この資金はゲームの量産費用、プロモーション費用として活用されるそうです。もし興味がありましたら、商品同様にクラウドファンディングへのご協力もお願いいたします。

ゲームの詳細、クラウドファンディングの詳細はこちらからご確認ください。

「進め!ユグドラ探検隊 -First Dig Edition-」公式ページ
「進め!ユグドラ探検隊 -First Dig Edition-」クラウドファンディングページ

以下、プレスリリース


クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」で、初心者でも遊びやすいオリジナルアナログゲームの量産化プロジェクトが開始した。
プロジェクトオーナーは島津 岳弘 。募集金額は30万円。10月14日から11月13日まで募集をしている。無事目標金額が集まれば、1000個をゲームショップなどで販売していく。

・今回のプロジェクトのURLはこちら
http://camp-fire.jp/projects/view/12006

【CAMPFIREについて】
CAMPFIREとはアーティスト・映画監督・ミュージシャン・作家・スポーツ選手・プロダクトデザイナー・ジャーナリストといったクリエイターのためのクラウドファンディング・プラットフォームです。クラウドファンディングとは、アイデアを実現するために必要な創作費用を、そのアイデアに共感した友達・ファン・ソーシャルのつながり、そして世界中の人々から少額ずつ集めることができるプラットフォームです。

【アナログゲームについて】
すごろくなどのボードゲーム、トランプなどのカードゲーム、紙とペンで遊ぶTRPGなどをまとめた電源を使わないゲームの総称。最近では人狼などが盛り上がっていて、動画投稿サイトでもリプレイ動画と呼ばれるTRPGを遊んだ模様の動画などが増えている。

【創作集団タルオシル合同会社について】
タルオシルとは、「足るを知る者は富む」という老子の言葉から命名しています。 「人間の欲望にはきりがないが、欲深くならずに分相応のところで満足することができる者は、心が富んで豊かであるということ。」です。 我々は、我々の持つ「できること(=クリエイティブ)」で素晴らしい創造を行い、それを受け取る誰かを少しだけ、「しあわせ」にする集団です。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:創作集団タルオシル合同会社
担当者名:白井 真一
TEL:080-5118-5146
Email:s_shirai@talosil.com


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。