【セガサターン生活】セガサターンのソフトを買い足し(MYST・セガラリーチャンピオンシップ・レイヤーセクション)


セガサターンの復活以降、ハードオフめぐりが日課となってる蟹です。こんばんは。

父の他界以降、お墓や仏壇など、あまりテンションがあがらない買い物が続いているわけですが、さすがロードサイド店の激戦区たる北関東、どこに行っても街道沿いにはハードオフや中古ソフト店があったりします。

そんなお店でやっすくなってるセガサターンのソフトをあさるのが、仏具買い回りの中での私のささやかな癒やしとなっていたりします。

そんなわけで、私が買い回ったソフトを自慢させてください(?)。

ph_0021

まずはこれ。物理演算を搭載したリアルドライブ系レースゲームの元祖とも言える「セガラリーチャンピオンシップ」と、3D性能が低い時代のハードにプリレンダリングとインタラクティブムービーで美麗なビジュアルを表現した謎解きAVG「MYST」の二本です。

セガラリーは良いとしてなぜ今MYSTなのか。これはもう「なんとなく」としか言えません。

たまーにやりたくなるんですよね、MYST。PSアーカイブでも発売されていますが、MYSTをPS Vitaなどで遊びはじめたら色んな意味で危ないですし、こちらは108円(税込み)ですから迷いなくこちらをチョイスです。

なお、今更知ったのですがMYSTはその後第五作までシリーズ化されていたのですね。第四作以降は家庭用ゲーム機では発売されておらず、PCでのみのリリースとなっています。

第一作のリメイクである「realMYST」と第五作「MYST V End of Ages」はリアルタイムレンダリングを採用し、自由にエリアを歩き回りながら探索ができるようになっているようです。

またMYSTとrealMYSTはMasterpiece Editionという高解像の3Dグラフィックを採用したグレードアップ版も発売されています。どちらもSteamで販売されていますが、残念ながら日本語はサポートされていません。

realMyst:Masterpiece Editionは2014年に発売されただけあって、もともとキレイだった世界がより美麗になり、さらにリアルタイムレンダリングによりMYST島を自在に歩けるようになっています。

でも、リアルタイムレンダリングになったらゲーム性は大きく変わりそう。止め絵だからこそ画面をじっくり眺めて謎解きできたわけで、自由に動けてしまうとかえってヒントを見逃してしまうのでは…?

いずれ遊びたいところですが、まずは108円のセガサターン版を遊び倒します。

 

ph_0022

もう一つがこれ。レイヤーセクション。

正直言うと、これとダライアス外伝のためにセガサターンを復活させたと言っても過言ではありません(ほら、バトルガレッガは12/15に究極移植版が発売されますし)。

あまりの忠実移植っぷりに基盤の値段が下がったとまで言われるセガサターン版の「レイフォース」ですが、その真価を発揮できるのはアーケードモードの時のみ。セガサターン版のテレビ横置きだと、アスペクト比の問題からアーケードで表示されていた画面上部が切れてしまい、アーケード版ならロックオンレーザーがかけられたのにセガサターンモードではすでに同じ高さにあがられてしまったりと残念な部分があります。

そんなこともあって、「なんてダメな移植なんだ」と決めつけてしまい、早々に手放してしまったのです…。

モニターを縦置きにして遊べる環境が自宅になかったですし、当時の縦シューティング移植にありがちな「横画面におさめると小さくなりすぎるから上下を切ったり任意スクロールにしました」という無理矢理感がどうしても好きになれませんでした。レイヤーセクションも同じように感じたため、いわゆる懲罰的売却に走ってしまったのです。

しかし、その後発売されたPS2のタイトーメモリーズに収録されたレイフォースのデキがあまりにもあんまりだったため、セガサターン版を売ってしまったことを後悔しました。それはまるでCom-Humanに全てをゆだねてしまった結果、滅亡の淵にまで追いやられた人類のようです。

幸いにしてセガサターンが復活し、レイヤーセクションも手頃な値段で流通していたので買い戻せたのですが、これがバトルガレッガのようなプレミアがついていたら大変な事になっていました。それこそ後悔してもしきれなかったでしょう。

レイヤーセクションが発売された当時と違い今は液晶テレビが主流ですので、モニターの縦置きのハードルはグッと下がりました。実家の部屋に置かれたテレビも19インチと小型。簡単に縦置きにできるグッドなサイズです。

十数年越しに「真」のレイヤーセクションを遊べる環境ができるとは、手放してしまった当時には夢にも思いませんでした。

540円で買ったリアルアーケードVFのおかげでゲームセンターに近いプレイ感覚を得られますし(サターンのパッドだとボタン配置の関係で微妙に遊びづらいのです)。ボタンの少なさに戸惑いましたが、買ってよかったです。リアルアーケードVF。

今日は通院のため東京に戻るので、ついでに秋葉原に寄って、さらなるセガサターンの「名作」をあさってみます! いいソフトに(リーズナブルな価格で)出会えればいいのですが、果たしてどうなるやら!?

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

4 thoughts on “【セガサターン生活】セガサターンのソフトを買い足し(MYST・セガラリーチャンピオンシップ・レイヤーセクション)

  • 2016年11月12日 at 03:07
    Permalink

    また懐かしいラインナップですねー。レイヤーセクションは私も昔手放して最近買い戻した口です。ヘタなので三面の中ボスでいつも死にますが(笑)

    サターンをお持ちなら蒼穹紅蓮隊をオススメしますよ! アーケードの移植の中では再現度が高く、値段も秋葉原のトレーダーあたりで3000円くらいで買えたと思います。

    よいサターンライフを。

    Reply
    • 2016年11月12日 at 12:47
      Permalink

      コータローさん、コメントありがとうございます。
      実は昨日スーパーポテトに行って(安い)セガサターンのソフトを見てきました。
      蒼穹紅蓮隊は5000円前後でした。STGはどれも高いですね。メタルブラックも欲しかったのですが、こちらも7000円。とても買えません…。

      Reply
  • 2016年11月18日 at 02:49
    Permalink

    ドーモ、某なえなえ日記以来ですね。

    レイフォース、メタルブラック、バトルガレッガ、蒼穹紅蓮隊、
    全てSS本体と共に手元に残しておりますw

    他にもグラパロツインビーのパックやらゲーム天国やらに加えて
    デコの骸牙なんてマイナー縦シューも押さえてたりw

    SSはシューターと格闘ゲーマーには
    マジ垂涎モノなラインナップでしたよねェホント。

    そんなわけで今回はこんな所で、でわ!!

    追記
    タブレットって案外打ちにくいですよねェ・・・・・・

    Reply
    • 2016年11月18日 at 11:39
      Permalink

      ビッグしょーさん、お久しぶりです! お元気でしたか? 蟹(ゆき)です。
      私も持っていたはずなのですが、上京する時に売ってしまったか、天袋に入れっぱなしか、行方が分からなくなってしまいました…。
      セガサターンは手元に残っているので、さらにどうなっているのか分からず…。
      バトルガレッガはPS4に究極移植されるので良いとして、メタルブラックが見つからないのが痛すぎます…

      またいらしてください!

      Reply

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。