「Xbox One S」発売! 旧Xbox Oneは大幅ディスカウント!


ss070

本日(11/24)、ついに新型Xbox One、「Xbox One S」が発売となりました。

Xbox One S発売に先んじて、PS4にも「Pro」というGPUやメモリを強化したアッパーバージョンが発売されました。画像のアップコンバートとHDR出力、内部デバイスの強化、対応ソフトはフルHD以上の高解像レンダリングを行ってより美しいゲーム画面を提供できると、ハイスペックマニアにはたまらない強化でした。基本的なPS4の性能をスライド強化したと言えますが、ストリーミング再生以外には4Kには対応しておらず、ソニーのハードとしては意外なことに、UHD Blu-rayにも非対応となりました。

それに対しXbox One SはUHD Blu-rayにも対応し、AV機器としても進化を遂げました。ゲームの解像度はPS4Proと同じく4Kには対応していませんが、対応ソフトであればHDR出力も可能です。価格もPS4Proよりも1万円ほど安いので、AV機器として見るならXbox One Sの方がコストパフォーマンスも性能も優秀ということになります。

しかしですね…何度も書いて恐縮なのですが、やっぱりゲームが出てナンボだと思うのです。ゲーム機としては。

PS4と同発タイトルであれば、ゲームリリース数が多いPS4版を選ぶでしょうし、Xbox One Sを買わないといけないモチベーションとなるゲームが揃わないのはちょっとしんどいかと思います。

FPSが好きな人ならHaloシリーズがあるのでしょうが、私としては今のところForza Horizon3と雷電V以外に遊びたいゲームがありません。ナツキ・クロニクルが発売となるまで、買いたいと思うゲームもなさそうですし。

なお、上記の通りPS4ProもXbox One Sも4K/HDR出力に対応していますが、当然ながらこれらの出力が可能なテレビがなければ話になりません。

4Kテレビが本格的に発売される直前にエコポイントやアナログ放送終了などの大きなテレビ買い換え需要が生まれた結果、AV(エロい方ではない)好きな人が買うくらいで、普及が遅れていたところがありました。最近でようやく世帯普及率10%~20%くらいだと言われています。そんな1割の世帯向けにハイエンド機を送り出したところで、どれだけ需要があるのかは正直微妙かなと思います。

PS4Proの場合はCPUやGPU、メモリなどのデバイスがマシマシになっているので4Kテレビを持っていなくても恩恵は大きいでしょうし、特にPS VRを購入する予定があるなら、その性能を最大限まで引き出せるのでバリューは高いと思います。

一方でXbox One Sのデバイスは旧来機とほぼ変わらず、その代わり値段据え置きなので同予算で考えれば近い将来…例えば東京オリンピックに向けてテレビの買い換えを検討していたり、AV環境の変化を想定してあえて購入するのもいいと思います。

ところで、Xbox One S発売と連動して、旧Xbox Oneがほぼ一万円ほどのディスカウント(実売23,000円)しました。

実はこちらのほうが、Xbox陣営にとってはXbox One Sの高性能化よりも大きいように思います。

確かにHDRで遊ぶForza Horizonはきっと楽しいに違いありませんが、肝心の4Kテレビがないなら無理にXbox One Sを買う必要がありません。なによりまずはハードが普及してくれないことにはゲームも増えていかないでしょうし、少なくとも日本国内では大きく水をあけられている現状で、PS4に対して追いつくためには、ともあれXbox Oneを買ってもらい、ビジネスベースに載せられるという状況を作らないと話になりません。

正直、プレイステーション陣営は、少なくも日本では強すぎるのです。Blu-rayが見られるのは当然のこと、レコーダーがなくてもTorneで番組録画できますし、国内で提供されている動画ストリーミングサービスはDMMに至るまで見ることができます。楽天ショウタイムという動画サイトだけXboxで見られるようですが、あまり良い評判を聞かないですし、なにより知名度の低いサービスですし問題ありません。

PS陣営のユーティリティ性の高さに対し、Xbox陣営はマニアックなラインナップで対抗してきたわけですが、後方互換を捨ててしまったことで、Xbox360のユーザーをばっさり切ってしまいました。雷電Vは良作のようですが、これ一本だけ出されたって困るというユーザーも多かったはずです。むしろPS4にも出してくれと言った人もいるのではないでしょうか。さらにアーケードアーカイブスがPS4でリリースされた結果、レトロゲーマーも持っていかれてしまいました。
さすがにマズいと思ったのか、今年に入って限定的に後方互換にも対応しましたが、正直時すでに時間切れです。みんなPS4に行っちゃいましたよ…。

これだけの劣勢をどう覆すのか。AV機器として生き残りをかけるのか、ソフト資産を増やしてゲーム機として復権するのか。個人的にはもちろん後者で頑張ってほしいので、せめて安くなったXbox Oneが売れてくれればいいのにな、と願わずにはいられません。

しかも来年にはハイエンド機「Project Scorpio」もリリースされますし、Xbox One Sは宙ぶらりんなマシンになりそうだと思わずにはいられません。自宅に高性能な4Kテレビがあって、AV機器として買うならグッドなのでしょうけど…。

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。