あの人が言ってることは「本当に正しいのだろうか?」

すごく抽象的な話をします。

Buzzfeedにこんな記事があがっていました。

ハイスペックで、礼儀正しい若者がデマサイトを作る 就活の失敗からそれは始まった

虚構新聞「ネットの良識を信頼する」 真実が大切にされない時代にジョークは成り立つか?

上記の記事で紹介されているのは、事実を装いながらも、様々な思惑によってウソの情報を流す「人」がいるという事例です。

ネット内に拡散される様々な情報は、本当の事ばかりではありません。誰かの都合や妄想によって、全く真実ではない事が流通することがあります。

また、真実を取り扱った情報においても、発言者のバイアスがかかった状態で再放流されるため、「事実だけど真実ではない」という情報も大量に存在します。同じ事項を取り扱いながらも、二次発言者の思惑によって全然別のニュース(視点)になることすらあります。

インターネットが普遍化していく中で、それまではマスコミによって統制されていた情報が、インターネットによって流通するようになった結果、「マスコミはウソだらけでインターネットの情報こそ真実である」という勘違いが頒布されることとなりました。

マスコミで扱われないような情報、自分の疑問に(自分が望む形で)公開しているサイト、自分の考えにフィットするメディアを選択できるようになったため、「インターネットの情報の方が真実」という考えが広まったものだと思います。
実際にはインターネットの「事実」もマスコミ同様に一次情報を「誰かが」加工したものにすぎず、その加工もまた「マスコミ」のようにバイアスがかかったものに変わらないのですが。

このような情報に面した時、取るべきアクションは「その情報は真実なのか」と裏を取ること、そして別の二次情報を当たることです。

2ch全盛時代には論拠となる一次資料を求められる事が多かったのですが、一次資料(情報)が発生した事実の記録にすぎないので、つたない知識で確認するよりは専門家の解釈を経た方がより正確な解釈が得られるためです。
また、多くの二次情報を集めることで、それぞれの発言や解釈、立ち位置などが理解できるわけです。もしかしたら自分とは意見が異なる人の方が正しいことを言っているかもしれないですし、信用しているオーサーの意見は間違っている可能性もあるので、誰の意見でも鵜呑みにしない、デリケートな話であるなら容易に拡散しないという意識が大切です。

SNSの時代に入り、ネットユーザーはより多くの情報を浴びることとなりました。そのうち半分くらいは錯誤や意図しないカタチ、もしくは悪意のない思い込みでしょうが、その中には、営利的な都合であったり、思想的な理由だったり、世論を動かすために都合のいい情報をキャストするサイトやアカウントも存在しています。

つい最近、ある事柄の対応を行っている(仮にAさんとします)が、行政機関などを含めた関係情報をSNSで「報告」をしていました。
私も別ルートでその情報を得ていたので、一次情報や周辺の人たちの意見などを持っていたのですが、Aさんによる報告やサジェストはAさんにとって都合がいい情報に満ちあふれていました。
Aさんは決してウソはついていないのですが、その発言には真実ばかりではなく、Aさんのバイアスがかかった解釈や情報の加工、自分の意見への同意を求めるための様々なファクターが含まれていました。

「ウソをついている」と「情報を加工している」は、大きく意図を違えなければ同義ではありません。しかし、Aさんの発言は、Aさんの言葉を真実と信じる(信じたい)人による同意と拡散によって、Aさんの発言こそ本当の事のように広まってしまいました。

Aさんの発言やスタンスが正しいと思う人たちは、Aさんの意図した通り、Aさんとは逆スタンスの機関や、比較的中立と思われる人たちへの敵意を露わにしていました。

よく読めばAさんの発言自体が論理性に破綻をきたしており、全文通して見れば結論がおかしいことに気づきます。本人が意図しているのか、それとも最初から理論だてて組み立てるのことが苦手なのかは分かりませんが、冒頭にあげた状況や定点的な事実と、例示した事実を踏まえた事の経緯とその解釈、そして結論が見事なまでに食い違っており、ミスリードを誘っていることは、少々読解力があれば気づくはずです。

にも関わらずAさんが用意したストーリーを信じたい人たちが、破綻したAさんの発言を支持してしまうのです。

SNSが存在する今、ユーザーがノードとなって一つの情報が短時間で広がる状況となっています。Aさん自身を知らない、もしくは大きな信頼を寄せてない人でも、親しい人や価値観を同じくする人がAさんの発言に賛同し、RTやシェアをすることで、情報を簡単に信用してしまい、再拡散に荷担してしまう例が少なくありません。
それが笑える情報なら良いのですが、誤謬を含むものであれば、簡単に拡散せずに一度情報が真実かどうか、確認するべきではないでしょうか。

団長からは以上です。

(文/団長)

 


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントを残す