長谷川豊が日本維新の会から立候補らしいけど、「医信」の方はどうなったの?

問題発言のせいで仕事を失った元アナウンサー、長谷川豊が日本維新の会公認で次の衆議院議員選に立候補することになりました。仕事を失ったら政治家に立候補とは、おもしろいソリューションですね。

日本維新の会も何を考えてあの男を候補に担いだのか分かりませんが、全世界的にポピュリズム傾向にある民主主義の中で、長谷川豊の知名度はそれなりに役に立つとでも判断したのでしょう。

維新といえば、長谷川豊は「医信」という日本の新しい医療を切り開く若い医師たちの集まりらしい団体(一般社団法人)の理事を務めていました。「殺せ」発言で炎上した直後にホームページもFB上のページも消滅した団体です。活動実績として医療関連のセミナーなども行い(長谷川豊も登壇)、それなりに活動していた団体のようですが、現在はどのような活動をしているのでしょうね。

長谷川豊問題の根幹は「殺せ」という発言ではなく、人工透析患者というマイノリティに対する偏見を助長したことです。人工透析を受けている人間は生活習慣のだらしなさゆえに発病した自業自得の人間であると断言し、彼らに医療費を費やす必要はないと断じた上で、医療費が払えないなら殺せと言いのけたのです。

長谷川豊の発言を担保していたのは、この「医信」の理事であったということでしょう。
医療に関する取材も進めていたそうですが、医療問題のエキスパートとして医療団体の理事に就任している、というプロパティは彼の立場をどれほど強くしたものか。

医信のホームページ跡地に書かれている文書を読むと、長谷川豊の意見は個人によるものとしながらも、一連の発言は義憤であったとしています。
ですので大概の考え方は一緒なのかと思います。

弊サイトとしては「医信」の考えを明らかにしてほしいと質問状を送りました。

【長谷川豊問題】長谷川豊ならびに一般社団法人「医信」に質問メールを送りました

まあ、返事は来なかったのですけどね。


ネット内の情報に聡い人たちには想像できないことですが、有権者のうちネット内の炎上などに縁がない(関心がない)人たちは一定数、しかも少なくない割合で存在しています。

彼らにとって「殺せ」問題は単なる舌禍という認識に過ぎません。まして身内に人工透析患者を含む障害者がいなければ、自分たちが支払っている税金や社会保障費を「無駄遣い」しているとしか思えない人もいるでしょう。
そうなると、「言葉は悪いが長谷川豊の発言は理にかなっている」と勘違いする人も出てきます。

長谷川豊は、もとより情報リテラシーが高い人たちを相手にはしていませんし、彼らの賛同を得ようともしていません。
そんなめんどくさい人たちより、大多数のそれ以外の人たちを狙ったほうがビジネスになります(これは炎上問題全てに共通することですが)。

社会保障費の問題は収入に直結していることもあり市民の関心も高く、また現在の医療費の運用に問題があるのも事実です。
そして長谷川豊は医療費問題という事実を思い込みで勝手に肉付けし、人工透析患者というマイノリティを「犯人」に仕立て上げました。
それは都合のいい事実だけを抜き出し、誤謬にまみれたおかしな結論づけをする「ドキュメンタリー」番組のやり方にも似ています。

出馬発表の記者会見内でも、未だに「態度の悪い患者にどれだけの税金が使われていると思う?」等々の発言を繰り返していました。しかも、その事を「ブログに書いてくれ」と頼まれたとしています。

【ノーカット配信】※17時~ 長谷川豊 記者会見(FRASH!)

態度が悪い患者がいるのは事実です。しかし医療費問題の原因の全てが人工透析患者ではないように、態度が悪い患者全てが人工透析患者であるわけがありません。

つまりは錯誤ということなのですが、このように事実を改ざんする傾向は今回の記者会見を見ても分かります。

降板について「全ての仕事を止めてて、収入を0に戻した」「反省の態度を表すために全ての仕事を降りた」と言ってますが、ゲーマー感覚のネットユーザーにスポンサー攻撃をされて仕事を失ったと言ってたのはどこのどなたでしょうか?

 

この調子で全ての発言を過去にして、事実の中から都合のいいものだけを抜き出し、場合によっては塗り替えていきながら、彼は「医信の長谷川豊」から「維新の長谷川豊」に変わっていくのでしょう。

事実や真実は時と共に過ぎ去り、その空隙を埋めるように虚偽が入り込んできます。
数年もすれば炎上も「そういえばあったね」という程度の事となり、「殺せ」発言のどこが問題だったのか知るものは減り、やがて長谷川豊が主張しつづけた何かだけが「真実」と思われる日がくるかもしれません。

それは恐ろしいことですが、同時に事実がどう変容するのか、一連の事象は面白いサンプルになるかもしれません。たかだか数ヶ月でここまで歪曲されているのだから、年スケールとなればどれほど変わるのか。不謹慎ですが興味が尽きません。

もちろん、そのような事にならないことが望ましく、本気で本音で出馬するなら頑張っていただきたいとも思うのですが…出馬表明からしてこれなので、先が思いやられるなぁと思った次第。有権者はそこまでバカじゃないですよ、たぶん。

(文/赤蟹)

 


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントを残す