【メインクーン】デルフィが2歳になりました

うちのメインクーン「デルフィ」が本日で2歳の誕生日を迎えました。

メインクーンは成熟まで時間がかかる猫種で、三年までは子猫だそうです。となると、デルは人間でいうと13歳くらいでしょうか。中学生ですね。

この前獣医さんに測ってもらったところ、体長1m弱、体重は8.5kgでした。もうちょっと重いかなと思ったのですが、お医者さんいわく「無駄な肉がついてないからこの体重」だそうです。

こんな顔をしていますが、毛の下はマッチョなのです。

父が死んだ後から実家におきっぱなしなので、せっかくの誕生日ですがデルを祝ってやることはできません。
母に写真を頼もうと思ったのですが、絶望的なほどヘタなのでやめておきました(涙)

こんなカンジです。ガラケーで撮っているせいもあるのですが、焦点が全然あってないカンジです。
でも母が撮ると目がパチクリしてるんですよね。

それに対して私が撮った写真は…。

 

なんなのその気にくわなそうな顔…

スマホのカバーを変えてから、スマホを向けられるのがイヤになったようです。昔はもうちょっと愛想が良かったのですが。

ところで、メインクーンという猫種は長毛で知られますが、毛の量もたっぷりですが、この写真を撮ったころ(今年の2月くらい)はあまりにもモサモサでした。

 

そんなわけで3月にトリミング。

すっきりしました!

 

メインクーンは本当に賢いネコで、学習能力にも優れます。また犬のように投げたものを取ってきたり、飼い主と一緒に走ったりもします。また、「お座り」や「待て」というコマンドも理解できます。性格は従順で、体格のわりにはおとなしいので飼いやすい猫種だと思います。メインクーンは犬と猫のいいところをあわせもったステキなペットといえるでしょう。

しかし、長毛種のため抜け毛だけはどうにもなりません。

そのため毎日しっかりブラッシングしないとすぐに毛玉ができてしまうのですが、デルは本当にブラッシングが嫌い。ブラシを見ると逃げ出すので困ったものです。

そのため、効率良く抜け毛や毛玉がとれ、比較的嫌がらないブラシを選ぶ必要がありました。
何本もブラシを買い換えた結果、下の編成がベストということになりました。
三種類あるのは、毛の状態に合わせて使い分けているためです。

スリッカーブラシ、獣毛のブラシ、コームの順で紹介します。

 

メインクーンは毛の密度が高い上にダブルコート構造になっています。そのためスリッカーブラシもしっかり毛の中にはいるものを選ばないといけません。このスリッカーブラシはピンの隙間も狭く、メインクーンの体毛密度でも大丈夫。抜け毛を一気に掻き出してくれます。
スリッカーブラシはいろいろと試してみましたが、このブラシがこれが抜け毛が取れました。値段もアマゾンで600円台ですし、試しに買ってもいいかも?

豚毛の高級ブラシです。メインクーンの毛の厚さの前では全く無力ですが、表面の毛並みを整えるには最高のブラシ。毛がつやつやになります。ブラッシングの仕上げ用に最適です。静電気が起きづらいので、猫があまり嫌がらないのもグッド。欠点は、ブラシについた抜け毛が取りづらいところです。

鉄製かつ日本製のコームです。コーム自体が重いのでメインクーンの厚い体毛の中にもしっかり入っていきます。
このコームの良いところは、毛先のからまりをしっかりほぐしてくれるところです。毛がながくなるとからまりやすくなり、スリッカーブラシでは対処できなくなります。
そんな時はこのコームで一回ほぐしてからスリッカーブラシを使うと抜け毛が取りやすくなります。

 

ペットを飼うのは育児と一緒です。

最近の子育ては情報が蔓延しているせいもあって、失敗を許さないようなギスギスオフラインになっていると聞きます。ネコの飼育にしても似たようなところがあって、特にネコ好きな人から「あれはダメ」「これはダメ」と言われることが多いように思います。

基本的な知識、例えば生死に関わるようなものはしっかり押さえておくのは当然としても、個人的には飼育方法に違いがあったり失敗してもいいと思うんですよね。そこから学べばいいだけです。

よそのネコの飼い方に対して「ネコが可哀想」と注意するところをよく見かけます。

でも本当にネコが悲しいと思っているかどうかなんて、ネコに聞いて見なければ分からないことです。
人間の価値基準で測って善し悪しを決めるのはどうかなと。重要なのは飼い主とネコの関係です。
飼い主とネコの間でコンセンサスがとれていればいいだけど、よそのネコの飼い方にあれこれ言う必要も資格もなんてないと思うんです。動物愛護精神とか、愛猫精神とかいろいろあるのでしょうけど、余計なお世話と思うことが多々あります。うちの飼い方がなにか言われたわけではないのですけど。

上記しましたが、うちはブラシ選びでは本当に苦労しました。Amazonのレビューがこれほど役に立たないと思ったことはありませんでした。
でも、人間それぞれに感覚が違うように、ネコにも個性があって当然ですからね。どれが良くてなにが悪いかは、「ネコのみぞ知る」ことです。なにがベストかは自分ちのネコと相談するしかありません。一年半の経験で覚えたことは、ネコの飼育については、誰かの意見はあまり参考にならない、ということでした。

なにかいろいろ問題のある発言をしてしまいましたが、ともあれ2歳の目標は「自分なりのベストな飼い方」を追究することにします。

追究といっても、しばらくは実家預かりなんですけどね(汗)

次の一年も健やかに育ってほしいものです。

 


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントを残す