Newニンテンドー3DSのバッテリーパックを交換してみた

[スポンサードリンク]

newニンテンドー3DSのバッテリーが一時間ほどで切れるようになりました。モンスターハンター・ダブルクロスで忙しいというのに。

うちのnew3DSは発売日、2014年10月11日に購入したという代物。この日は3DSのキラーコンテンツであるモンスターハンター4Gの発売日でもありました。new3DSは発売時、Cスティックの実装などにより、拡張スライドパッドなしでもモンハンが快適に遊べるのをアピールしていました。
セガが健在であれば、CPUのグレードアップなどスペック面の向上を謳い文句にしたでしょう。しかし任天堂は違います。容赦なく「モンハンが快適に遊べる!」という、他社の製品にアジャストしたことを身も蓋もなく謳いあげたのです。
さすが任天堂、あざとい。私もまんまとひっかかって、私もMH4Gと一緒にお買い上げしました(笑

そんな余談はさておき、購入しておよそ三年。そろそろバッテリーの寿命がきてもおかしくないので、交換することにしました。

3DSのいいところは、ユーザー自身がバッテリーが交換できるというところです。最近はスマホすらバッテリーの入れ替えができない機種が多いというのに、とても良心的ですネ。

3DSのバッテリーは、任天堂パーツ販売で購入できます。Amazonなどには社外品のバッテリーも売っていますが、ハックするつもりがなければ、無難に純正を購入したほういいです。

うちのnew3DSはノーマルサイズなので、一番下のバッテリーです。税込2700円ですが、ここに送料が加わるので全額3000円弱程度になります。注文した翌日には発送されていました。

かなりシンプルな包装。当然ですが、この状態で送られてきたわけではありません。ちゃんと梱包されてきます。

中身はこんなカンジ。これだけみると、new用なのか無印用なのか分かりませんね。

バッテリーを取り出したら、次はnew3DSの底面パネル開封の儀です。
まずで囲っているビスを緩めます。

私はプラモのツールセットに入っていた精密ドライバーを使いました。普通の精密ドライバーでも回せますが、サイズが合わないとなめてネジ頭が潰れてパネルの脱着ができなくなるので、適切なドライバーを使ってください。

下のようなツールセットに入っているようなドライバーです。

なお、ネジは取り外す必要はありません。もともとネジはパネルから外れない仕様になっています。ネジが本体から外れたらOKです。

ネジが緩んだらすぐにパネルが外れるわけではありません。の部分にあるパネルの隙間を使って外します。

New3DSのタッチペンの根元(の部分)に注目。これ、new3DSの側面に合わせた形状に見えますが、じつはヘラになっていて、パネルを外すときに使えるのです。
このヘラをさっきの隙間に入れて、ガコッと上にあげるとパネルが外れます。隙間は左右にあるので、どちらも外さないとダメです。

パネルが外れました。これでバッテリーを交換できます。
…ってあれ? バッテリーの形状がなにかヘンだぞ。

バッテリー、ぱんぱんに膨れてました。そりゃ一時間しか電池持たないのも当然です。

無事交換完了。届いたバッテリーにも起動試用できる程度の充電が入っています。しっかり青ランプがついて、画面が表示されればOK。

バッテリーが正常に取り付けられたことを確認したら、さっきとは逆手順でパネルを組み付けます。

新品のバッテリーに交換し、モンハンを一時間しか遊べない地獄から解放されました。


フル充電したのにすぐ電池切れになる、赤ランプがついたらすぐに3DSの電源が落ちるなどの症状が見られたら、バッテリーが劣化している可能性が大きいです。充電しながら遊ぶ分には問題ありませんが(たぶん)、充電しながらプレイするとますますバッテリーが劣化するので、早々に交換することをオススメします。

3DSに限りませんが、充電しながら使うとバッテリーの劣化が早くなるので、マルチプレイで電池が切れたら困る場面など以外では、極力充電しながら遊ばない方がいいみたいです。私はもちろん、充電しながら遊んでいた派です…。

(文/団長)


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントを残す