信長の野望・創造PKで那須家でがんばる(最終回)

【前回のあらすじ】

足利将軍家を滅ぼし、上洛を果たした那須軍。那須高資は保護していた先の古河公方、足利義氏を十四代将軍に就け、後見人として宇都宮城から日本を統治しようと企む。将軍家を滅ぼした勢いに乗り、畿内に残る反那須勢力の掃討を進める那須軍。西の大大名尼子との決戦が迫る。

前回の記事はこちら→信長の野望・創造PKで那須家でがんばる その8


大和を手中に治め、BGMも雄大な、大大名らしい曲(?)に変わりました。那須家がそれだけ成長した、ということですね! もう昔のパラリラとは違うのです。

畿内の反那須勢力の掃討は進み…

浅井、朝倉家が那須家に臣従。これで近江と若狭も那須家のものとなりました。この二国は親切した足利義氏軍団に任せます。

と、畿内統一を図っている最中、また歴史イベントが発生。長尾景虎が上杉家の名跡を嗣ぎ、関東管領を名乗りだしました。

史実だと上杉景虎の関東管領は名ばかりのものであり(先代の上杉憲政の時点で有名無実でしたが)、実質的には古河公方足利義氏を後見している北条氏康が関東管領でした。実際氏康も関東管領を自称していたため、上杉軍が関東に押し寄せてくることになりました。
しかし、史実通りに動かれては、両家に挟まれ、かつ双方とも同盟を締結している那須領が戦場になることは間違いありません。勘弁してほしいですなぁ…。

一方西日本では、尼子軍が那須家に向けて大軍を送り込んできました。

原因はこれです。

よ・し・う・じwwww

どうも将軍の座に就いた義氏が、うかれからか、黒塗りの尼子家にぶつかってしまったようです。示談の条件なんてつけているヒマもなく、なだれ込むように尼子戦を始める那須家。

ん? まてよ? この状況、なにかに使えないか??

そうだ、連合があるぞ。連合を組めば、北条と上杉の対決も避けられるのではないか??

ということで、対尼子連合を両家に提案。対尼子戦を進めつつ、上杉と北条の衝突を避ける名案と自画自賛した後、上杉と北条両家に使者を送ります。

ということで、上杉を盟主とした反尼子連合が結成されました。なお、今川を誘っていないのは、同盟が切れたら駿河と遠江を奪おうと考えているからです。東日本の人たち、ヒマそうなので…。

結果、はからずも近畿で西日本と東日本の勢力が争う戦いへと発展。さながら関ヶ原、と言いたいところですが、地勢的には応仁の乱というカンジですね。

各連合の勢力は以下の通り。

親那須連合

  • 那須家
  • 上杉家(盟主)
  • 北条家
  • 神保家(上杉に従属)
  • 姉小路家(上杉に従属)
  • 長野工藤家(那須に従属)
  • 筒井家(那須に従属)
  • 畠山家(那須に従属)

反那須連合

  • 尼子家
  • 三好家
  • 本願寺
  • 鈴木家
  • 浦上家(尼子に従属)
  • 赤松家(尼子に従属)

中立

  • 大内家
  • 長宗我部家
  • 一条家
  • 大友家
  • 島津家

戦国大名もだいぶ少なくなりました。
反那須連合は、実質的に尼子家一家のみ。他の泡沫大名はつゆ払いで滅亡することになるでしょう。

そんな中、暴走して対尼子戦の口火を切った張本人、十四代将軍義氏が二条御所にて死去。これにて足利将軍家は完全に滅亡。将軍の座は空位となり、高資が将軍になる道が開けました。

反那須連合軍も各個撃破。本願寺を手始めに、三好家、鈴木家にも圧力をかけます。

そしてついに、この人出番です。

宇都宮のリーサルウェポン、武田晴信です。下野、常陸のマイルドヤンキー達を引き連れ山陽道に突撃です。

これが強いのなんの。瞬く間に別所、赤松を攻略。

さらに西へ西へ。圧倒的な強さで路傍の城を攻略していきます。その姿はさながらアレキサンダー大王のよう。

一方畿内では、反那須連合は鈴木を残すのみとなっていました。戦況も落ち着いた畿内にさらに一軍団を追加。軍団長はお気に入りの武将である大久保長安を任命。敵意を見せる四国の長宗我部家の見張りをさせます。もちろん、状況次第では四国に攻めさせることも考慮します。

なお大久保長安が好きな理由は、出自の怪しさと行政の手際の良さ、そして譜代を優遇する徳川家にあって、外様ながら権勢を振るったという謎めいた怪人物ぶりがたまらないからです。なお、三国志で一番好きな武将は司馬懿です。

膠着していた対鈴木戦もようやく片付きました。

これにて、那須家は三十国を支配下に収めました。

ついにこの日がやってきました。

那須高資が、征夷大将軍に任じされました。ここに那須幕府が開府されることになりました。
足利尊氏、那須高資と、下野を本拠とする武将が初代将軍となる奇跡。那須家が将軍家となったことで、下野人の優秀さを示すこととなりました。なお、足利尊氏は足利出身ではありません。足利氏の本拠が足利にあった、というだけの話です。

高資は惣無事令を発令。全国の大名に争いをやめるように通告。戦国時代は、ここに終わりました。

一応、足利家からの禅譲というカタチになったようです。足利義氏を神輿にのせた甲斐があったというものです。
これ、大名の創造性によってメッセージ変わるのかな…。

 

■感想戦

今回那須家が天下を取れた重要な要因として、以下の二点があげられます。

  • 地勢
  • 外交

すごく簡単にまとめました。もっと細分化すれば兵力とか所属する人材とかも出てきますが、これらは上記二つの要因に対しては付与的なものにすぎません。

まず地勢ですが、支城二つしか持っていないとはいえ、本城の宇都宮城を攻める際に二方向から攻められるという強みがあります。


なおかつ、今回プレイしたシナリオは1534年から始まる「信長誕生」では、初期から大田原資清、大関宗増という政治力の高い武将が属しており、実は内政面では厚遇されています。ゲーム開始直後から、宇都宮家は古河公方をはじめ南側の諸家との戦争を始めるため、留守を狙うことが容易です。

宇都宮城の耐久力は3000。つまり3000以上の兵がいなければ落とせません。
初期の那須家各城は最大兵数が800程度しかなく、3000の兵を用意するのも厳しいかもしれません。しかし宇都宮城を取れば状況は好転するので、ここは強攻を使ってでも宇都宮を取りたいところです。

宇都宮奪取後は、古河御所を狙います。むしろ古河御所を他の勢力に奪われたらその時点で詰みです。
古河御所は那須家にとっての福音です。関東で国境付近に本城がある地域は、下野-上総と上総-安房間だけです。下野をある程度(唐沢山城を除いたと同義)押さえたら、古河御所を攻めるだけの兵力も揃うはず。佐竹と同盟を結んでいるうちに取っておかないと、確実に詰みます。

古河御所を取れば佐竹や他の中堅勢力との戦いにも前途が開けます。やはり開発が進んでいる(もしくは初期の上限が高い)本城を二つ押さえるとグッとラクになります。最大兵力も格段にあがるため、北条を除く関東諸勢力とも戦えるようになります。

つまりルートとしては宇都宮城→古河御所という流れが唯一那須家飛躍の道です。これ以外はみんなアウトです。
三国の領主になれれば、状況次第で上杉家を攻めても良し、伊達家を攻めるも良しです。
なお無印で遊んだ時は、上野を攻めた後に北上、伊達、蘆名、長尾の三家と戦い続けながら東北侵略を進めていきました。
初期から広大な領土と難攻不落の小田原城を持つ北条とは喧嘩するメリットがありません。おとなしく北に上がるのが正解です。その後は外交関係をうまくやりくりしながら京都を目指す、という流れになるでしょう。

 

次に外交です。

前回は外交を軽視して失敗しました。よって今回は外交にはかなり気を配りました。
結果から言えば、このゲームにおいて外交は本当に大切です。戦線を広げず兵力のベクトルを集束させるには、外交関係の管理が不可欠です。

前段でも触れた通り、北条との同盟関係は切らさないようにしなくてはなりません。言い換えれば、北条とさえぶつからなければ那須家は存続できます。
北条は肥沃な関東平野を握り、小田原城という難攻不落の本拠を持っているチート勢力。ぶつからないほうが無難です。実際今回のように、北条と戦わなくてもクリアはできますので、無理に戦う必要もないのです。

初期段階で古河公方を攻めることになります。古河公方は落ちぶれても公方様なので、関東諸家とは同盟関係にあります。つまり古河御所を攻撃した時点でこれらの勢力と敵対関係となります。とはいえ、北関東で警戒すべきは佐竹のみ。その佐竹と初期から同盟関係を締結しているのも那須家の強みです。残る関東勢力は那須家とさほどかわらない小勢力だらけなので、本城二つもとれば負けることはありません(多分)。なので気にしなくて大丈夫。佐竹家との関係も序盤のみでOK。むしろ常陸を取らないと話にならなりません。

本作の同盟は「同盟を締結していれば兵を送られることはない」というCPU思考によって担保が得られます。
同盟国同士が戦争しても兵が送られてくることはないため、介入を避けるためには良好な関係を維持し続ける必要があります。このルールをうまく使ったのが佐竹攻略戦、伊達攻略戦です。
もしかしたら中級で遊んだからかもしれません。もっと上のランクになると、同盟破棄されたりするのかもしれません。

 

なんとか三~四国も取れれば、周辺諸国との戦いはラクになります。特に「信長誕生」は初期シナリオというだけあって登場勢力も多いため、後半のシナリオのように大きな勢力もありません。広く支城も多い関東で四国も取れれば、将来の展望は開けます。

後半のシナリオ、那須家はホント厳しいだろうなぁ…と思いつつ、とりあえず信長の野望・創造のAARはここまでにいたします。
また気が向いたら、別シナリオで遊んでみます。

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントを残す