【マグマイザー】緊急イベント開催!神雄6人が全員集合! イベントレポート(中編)

5/7、ヨコハマスリーエスで開催されたマグマイザーイベント「緊急イベント開催!神雄6人が全員集合!」のレポート後半です。前回の記事はこちら。

 

■神雄たちは、他のドラマにも出演したいのか?

解説役の御左口教授を演じる川島潤哉さんは、ともかく台詞が多く長回しも多い。その長大な台詞を覚えるコツをしみけんさんと河野朝哉さんがが問うと「覚え方を決めない方が良いのかな」低いイケボでアバウトな返事。
ギリギリで台本が変わることも少なくないので、特定のやり方にこだわるよりは、その場その場に応じて覚え方を変えているそうだ。「今日は口に出しておこうかな、とか」という答えについて、「なんか今のはイヤラしい」と森林さんが突っ込んだ。「ここの空間がそうさせた」とお茶目なジョークで切り返す川島さん。

そんな川島さんからは「マグマイザーの他にオファーに興味あります?」と神雄たちに逆質問。
田淵さんは「ある」と即答。黒田さんは「いや、ないですね」。さらに黒田さんはマグマイザーも予告編の時点では乗り気ではなかったとぶっちゃける。

「自分たちは芝居をやりたくて男優やっているわけじゃないから」としつつも「現場に入ったらカメラとかも本格的で、それから興味持って最終日に爆発しました」と、スロースターターぶりを正直に発現。「黒田さん面白かったですけどね」と、古屋監督としみけんさんがフォロー。普段の現場では「筋肉芝居」と言われていたから、芝居はヘタだと思い込んでおり、自賠に自信が持てなかったと吐露した。

しみけんさんは「(マグマイザーに出演して)むずかしい事が分かったから、チョイ役なら出てもいいけど…(今回の撮影も)迷惑かけっぱなしだと思っていた」。
森林さんは「しみけんと話してて、チョメチョメができないのは厳しい」と正直発現。「セクシービデオの撮影なら、芝居の後に気持ちいいことが待っているから頑張れる。チョメチョメがニンジンだとしたら、芝居そのものをニンジンと思えるかどうか」と、セクシー男優と一般の俳優のメンタリティの違いを指摘。「ただ、完パケを見ると、普段の現場ではそこにニンジンがあるが、普通のドラマだと完成品がニンジンなんだなと分かった」と分析する。

普段からドラマものが多い丈さんだが「俳優として通用するかは分からない」と弱気な発言。特にセリフについては「俳優のみなさんのような台本を読んでセリフを覚えることは少ない。その場で覚えてその場でセリフを言うし、現場が終わると忘れてしまう」と、一般のドラマ芝居とセクシービデオの違いを説明。しかし「(一般の芝居の)話があれば是非とも」としめた。

「普段から気心知れた6人がいたからできた芝居であって、一人だったら心細い」と卓さん。今回の撮影で俳優業の厳しさを知ったのか、土俵が違い仕事に対して、珍しく弱気な神雄達であった。
逆に河野さんと川島さんに「男優のオファーがあったらやりますか」と森林さんが質問。「やりません」とお二人は即答(笑)。「マグマイザーのパロディビデオとか出そう」と言う河野さん。「それならできる。俺たちホントの神雄だから」と先ほどとはうってかわって自信ありげなしみけんさん。「マラマイザー」と田淵さんはパロディタイトルあるあるを披露。
余談だが、団長は「マラドーガ」というアダルトな動画を配信するケータイサービスの管理人をやっていました(笑)

その後竹内さんから「田淵さんは何を飲んでいるのですか?」と持ち込んだペットボトルの中身の質問から、ファンならおなじみの田淵さんの健康ドリンク「田淵水」の話題で盛り上がった。

 

■ドラマ制作の裏側

撮影に入って驚いたのは「偶数回」と「奇数回」で監督が違うことだった、と黒田さん。古屋監督の時はゆるめの現場だったが、違う監督の時は細かく厳しめで、その違いに驚いたという。
回によって監督が替わるのは「制作期間が短いため」と古屋監督が返答。そして「マグマイザーよりも短い現場も多い」と川島さん。忙しい現場になると、30分のドラマをその日のうちに何本も撮る事も多いとか。
「監督はもっと遊びたかったのだろうなと思った」と川島さん。「これだけの神雄が集まっているのに、スケジュールの関係で「もっとやれることはあったのに」と思うことはあった」と古屋監督は言う。

さらに裏話として、しみけんさんが卓さんのパンツに手を入れて、陰毛を引き抜くシーンで、ブリーフからふぐりが顔を出してしまい、竹内さんに申し訳ないと卓さんが謝罪。言葉だけだと謎のシーンだが「ドラマ上の意味がある」と古屋監督。しかし、ふぐりがポロリしてしまったため、カットになってしまったそうだ…。
なお、ソフト化の暁には「特典映像に入れたい」と古屋監督。さらに竹内さんは、笑いをこらえるのに必死だったそうだ。「(年末番組の)笑ってはいけない現場状態になっていた」となっていたと古屋監督は言う。
その現場でも「なにするんだしみけん!」と怒った卓さんだったが、竹内さんには「(ブランチでやってたように)食レポして。明太子だと思って」と、とんでもないセクハラ発言をしていたことを森林さんから暴露されてしまった。「食レポするには食べないと」と、セクハラの追い打ちをかける黒田さん。
河野さんは「台本を読んだだけで笑った」と言い、竹内さんは「実は河野さんが(全員の中で)一番笑い上戸」と

笑えるシーンとしては、予告編にもあった、森林さんがローションまみれになるシーンがあげられた。


※画像はYoutubeのマグマイザー予告編より

「普段はこんなにローション使わない」「あれは何をやってたのでしょうね」と神雄達は笑う。
「あの撮影は本当に寒かった」と言う森林さん。ローションは体力を奪うからなおさらだったと言う。

さらに古屋監督は「他にも笑いをこらえているシーンがあるので、裏テーマとして探してみてほしい」。

 

なお、マグマイザーはYoutubeにて第一話のみ配信。

 

 

この続きを見たい人は、スカパー!に是非加入を!

後編に続く。

(文/団長)


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントを残す