【連載】信長の野望・創造PK 那須家でがんばるシナリオⅡ その2

最近Stellarisが面白すぎて、信長の野望は休みがちとなっています。
そのうちStellarisのAARも書きたいのですが、ゲームボリュームがありすぎるので、信長のようには書けなそうだなぁ…と思ったり思わなかったり。まだシステムも完全に理解していないので、書くとしても先の話になりそうです。

というわけで、那須家プレイ再開です。


【前回までのあらすじ】

南磐城、そして下野の大半を手中におさめた那須家。しかし初期ブーストのために必要な古河御所を歴史イベント「河越合戦」で北条に奪われ途方にくれてしまう。那須家のターゲットは佐竹家に変更。常陸攻略のための兵力増強を図る。しかしそんな中、当主政資が死んでしまう。北関東制覇の夢は、子の高資に受け継がれた。

前回の記事はこちら。

これまでの那須家シリーズはこちら。


政資から高資に代替わりした直後、その隙に佐竹軍が真岡城に押し寄せてきました。なんとか防戦するも、押し負けて真岡城は佐竹のものに。これにて早々に、常陸攻略のプランは立ち消えとなりました。

さらに北では、伊達軍が三春城を攻撃。これにより、伊達家と隣接することになりました。

山内上杉、佐竹、伊達と敵に囲まれつつある中、北条家が同盟を快諾。古河御所を取られた不満はありますが、えり好みできる状況でもありません。

しかし、関東でブイブイ言わせている北条が気に入らなかったのか、甲斐の武田が反北条連合を結成。

同盟を結んじゃった手前、親北条連合に加わることになってしまいました。トホホ。それどころじゃないのに。

それぞれの連合とその所属大名は、このようになっています。

親北条連合

  • 北条家
  • 那須家
  • 江戸家
  • 磐城家
  • 山内上杉家

反北条連合

  • 武田家
  • 佐野家
  • 長尾家
  • 三木家

敵側に長尾家がついているのが気がかりですが、前回と違う展開をしたいと考えているので、深く考えないことに。実際に接敵するまで時間がかかりそうですし、気にしないことにしました。

佐野家が反北条連合についた以上、唐沢山城侵攻を先延ばしする必要がなくなりました。。今回の連合戦は、北条と武田が接敵している上野国が主戦場になると考えられるので、どのみち前線に出るには唐沢山城を落とさなければなりません。

かなり時間がかかりましたが、なんとか唐沢山城を落とせました。これで下野国の統一は果たせました。

その頃、上野戦線は本城である箕輪城を巡って武田、北条の両軍が入り乱れ、大乱戦の様相を呈していました。那須家もこの勢いに乗じてハイエ…ではなく反北条連合を叩くべく上野に侵攻。

武田が領有する平井城を落とし、上野攻略の足がかりをつくります。

しかし箕輪城は武田に落とされ山内上杉家は滅亡。気がつけば北条も撤退し、上野で戦っているのは那須家だけとなっていました。なんという連合あるある。

南上野を巡って那須家と武田家の激しい攻防が繰り広げられます。平井城の主も武田→那須→武田と攻守逆転。

北条にも檄を飛ばし、平井城守備戦を手伝ってもらうことに。気がついたら武田vs那須に戦闘軸が移っていました。まるで応仁の乱です。もともとあんたんところの戦争ですよ、北条さん…。

そんなこんなで三年経過。反北条連合は解散。こちらも解散となりました。

連合戦後の勢力図。山内上杉が滅び、那須は上野に一城だけ手に入れました。三年もあったら佐竹を滅ぼせたことを考えると、コスト面も含めて非常に無駄な戦争でした。結論から言えば、積極的に前線に出たのは大失敗でした。
滅んだ山内上杉家なんて良い面の皮です。気の毒に。北条はもう少しやる気を見せてほしかったです。

この連合戦での選択ミスが、那須家の命運を大きく狂わせていくことになります。

つづきます

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントを残す