冷戦時代の諜報戦をテーマにした、ブラフと支配のチーム戦 「シークレット:米ソ諜報戦」 多言語版 8月下旬発売予定

※この記事はプレスリリースをそのまま掲載しています。

輸入ゲームなどを販売している、株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、1960年代の東西冷戦時代の諜報戦をテーマにした、正体隠匿系のカードゲーム「SECRETS/シークレット:米ソ諜報戦」日本語含む多言語版を、8月下旬に発売いたします。

エージェントをプレイヤーに差し向けろ!君が差し出す人物は本当にそれでいいか?

時は冷戦の真っ最中。君はスパイ組織のリーダーで、 最強の手駒を雇おうとしている。 味方を見つけ、敵を欺き、 最も影響力の高い組織を目指せ。 ただし、ヒッピーには用心を。世界に平和が来てしまうぞ……。

「シークレット:米ソ諜報戦」は正体隠匿ゲームです。ゲームの舞台は1960年代です。プレイヤーはCIAかKGBのメンバーの一人か、ヒッピーになります。ゲームの目的は、ゲーム終了時、表向きの人物カードの合計点数がより高いチーム(CIAかKGB)となること。

自分の手番には人物カードを2枚引き、1枚は山札の底に戻し、1枚はいずれかのプレイヤーに提示します。提示された側は、受け取るか否かを選び、受け取ったらその人物は表向きで自分の物に、受け取らなかったら表向きで差し向けたプレイヤーの物になります……しかし、人物カードは同じ種類が2枚になったら裏向きになるし、点数はプラスだけでもありません。また点数だけではなく特殊な能力を持ち、ゲームに大きく影響します。

はたして、今カードを渡してきたプレイヤーは味方陣営なのか、何故このカードを提示してきたのか、自分が引いたカードは誰に提示すべきなのか……正体を推理し、適切にふるまうことが自陣営の勝利への鍵です!!

でも、気を付けること。ヒッピーの得点が単独で最下位だった場合、世界は平和になってしまい、そのヒッピーが単独で勝利してしまいます。

手軽でプレイもしやすい、スタイリッシュでエキサイティングな正体隠匿系ゲームです!

 

シークレット:米ソ諜報戦 多言語版

  • 価格/3,400円+税
  • 発売日/8月下旬発売予定
  • JANコード/5425016921371

内容物:人物カード29枚、弾丸カード4枚、正体トークン10枚、国連トークン1枚、ヘルプトークン2枚、ヘルプシート1枚、早見表カード4枚 他

ゲームデザイン:ブルーノ・フェイドゥッティ & エリック・M.ラング

プレイ人数:4~8人

対象年齢:10歳以上

プレイ時間:約30分

Made in China

 

(c)SOMBREROS PRODUCTION 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

 

◆商品ページ http://hobbyjapan.co.jp/gamelist/secrets/

◆ホビージャパンゲームブログ http://hobbyjapan.co.jp/game/

◆ホビージャパンのゲーム商品案内 http://hobbyjapan.co.jp/gamelist/

◆ホビージャパン・ゲームツィート https://twitter.com/HobbyJAPAN_GAME

 


団長

「てらどらいぶ」管理人。
ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。
心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。