【カクヨム企画】無色の言葉「ルニア」を使って短編を書こう

カクヨムの9月の企画です。

今月は「無色の言葉「ルニア」を使って短編を書こう」です。

今度の企画は、ある言葉を使って文章を書こうというものです。
その言葉は「ルニア」。まったく意味がない言葉です。
(ググると韓国のオンラインゲームのタイトルが出てきますが、見なかったことにしてください)

以下、企画概要です。


「ルニア(るにあ)」という言葉を使って短編を書いてください。

ルニアという言葉に、明確な意味はありません。

ルニアは商品名かもしれない。
ルニ・アという呪文かもしれない。
○○ルニアという地名の一部かもしれない。
みちる・ニアという人名の一部かもしれない。
「事件を鑑みるに、あの場所の~」という文の一部かもしれない。
何かの略語かもしれません。

ルニアが何であるのか、決めるのはあなたです!
みせてください、あなたの「ルニア」を!

 

【参加条件】
「ルニア」という言葉を使うこと
・ルニアを単語として使う必要はなし
・○○ルニア、ルニア○○、○○ルニア○○と他の文字と連結して使ってもOK
・ルニアの間に文字を入れるのはNG。ただし記号はOK(ル・ニア、ル□ニアなど)
・ルニアはカタカナでもひらがなでも漢字でもアルファベットでもOK
・必ず文中で使ってください。

作品内容の条件
★ジャンルは不問
★1万文字以下で書くこと
★既成の作品でも参加条件に合致していれば応募可
★未完結でも応募OK

【企画のルールとか】
・最初の1000文字くらいで続きを読むか判断させてもらいます。
・感想については、最後(もしくは最新話)まで読んだものに限り、応援コメントやレビューという形で書かせてもらいます。

必ず参加条件を読んでからご応募ください。

では、皆様のご応募お待ちしております。


なぜルニアという言葉を選んだかと言えば、既存の意味がなく、いろいろな意味に転用ができそうな言葉だからです。
西洋ではアを最後につける人名や地名が多いですし、なんとなく連文にも使えそうです。

私も霧けむるニア諸島という作品で参加していますが、たまたまニア諸島を知っていただけでして、企画者権限で気の利いたタイトルにしようと思ったわけではありません。
なお、”ロシア人探検家が発見時に「近い」を意味する「ニア」をあてがったため”でルニアを使っています。

「私ならルニアをこう使う!」と、ルニアにチャレンジスピリッツを刺激されてしまった方は、ぜひご参加を!

みなさまのご応募、楽しみにしております!

(文/赤蟹)

 


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントを残す