【団生ドラクエⅡ】ムーンペタからアレフガルドへ

前回の放送でかぜのマントをゲットしただんちょ(第一王子の名前)一行。
今回は双子の塔であるドラゴンの角を目指し、ルプガナの街で船を貰おう(借りよう)と思います。

ムーンブルグ西の海峡を渡って次の大陸へと向かいます。教会を兼ねたほこらをくぐると西の大陸です。

大陸中央の大きな砂漠地帯を歩いていると…

メタルスライムだ!

やった!経験値大量ゲットだぜ!と、パーティ全員の攻撃をメタルスライムに集中させます。

しかし、ここで思わぬ事態が。

そう、メタルスライムは「ギラ」を使うのです。

そしてリメイク版ドラクエⅡのギラはグループ魔法です!

ドガッ!ドガッ!ドガッ!と王子たち全員に10点~のダメージ!

なんということでしょう。おそらくサマルトリアの王子を使いやすくするためのギラ強化が、こんなカタチで降りかかってくるなんて!

しかもメタルスライムの防御性能はDQⅢ以降に準拠、ダメージが1点しか当たりません。
言うまでもありませんが、かいしんのいちげきが出てくれない限り一撃で死んでくれません。
それまでひたすらギラを撃たれまくるという最悪の展開に。パーティメンバーのHPがゴリゴリ削られていきます。

生まれて初めて、メタルスライムに「逃げてくれ!」と思ってしまいました。

メタルスライムが倒せない以上、逃げてくれなければ、このギラ地獄から抜けられないのです。まさに超装甲のギラ砲台。まるでノルマンディ上陸作戦のトーチカ砲台のようです。

メタルスライムのギラとマンドリルの強打によってあえなくセティア(第三王女)が死亡。やがてメタルスライムが逃げ、マンドリルを倒すことで辛くも勝利。本ゲームで初めてメンバーを死なせてしまいました。

さらにセティアを蘇らせるために戻る途中、再度出現したマンドリルにトンヌラ(第二王子)も殺されてしまいました(これはHP回復忘れてた私が悪いのですが)。

海峡を渡るほこら(正式名?はムーンブルクの西のほこらだそうです)でトンヌラとセティアを蘇らせ、改めてドラゴンの角を目指します。

マンドリル、メタルスライム、そしてマンイーター(甘い息で眠らせてくる)と強敵が続出する中、なんとかドラゴンの角に到着。

塔の中ではマンドリル、マンイーター、そしてラリホーとルカナンを使ってくるめんどくさい敵、メドーサボールが行く手を阻みます。

ムーンペタから次のルプガナの街まで休憩ポイントはなし。強敵との戦闘が続き、MPも心許ないカンジになってきました。やくそうを買い忘れた事が地味に効いてきます。それでもリメイク版は魔法の消費MPが下がっているので、FC版よりは全然ラクなのですが…。

そしてなんとか、ドラゴンの角をクリア。めざすルプガナの街も、あと少しです。

無事、ルプガナ到着。
この街での目的は、船を手にいれることです。しかし、街の長老はよそ者には船を貸せないなどと相手にしてくれません。

街の奥では、まものに襲われている女性がいます。助けを求められるので、勇者らしく助けましょう。

グレムリン2匹との対決になりますが、これまで一度も逃げなかった経験が生きたのか、あっという間に(4ターンくらい)ねじ伏せました。

長老から孫娘を助けたお礼として船を貸してもらえることに。冒険は新たなステージを迎えました。

さっそく東に見えているアレフガルドへと向かいます。

アレフガルドに上陸すると、ドラクエⅠのフィールドテーマ「広野を行く」が流れます。懐かしいですね。

余談ですが、FC版ではメンバーの誰かが倒れると「遙かなる旅路(第三王女が入る前のフィールドテーマ)」に戻りますが、PS4版はずっと「果てしなき世界(第三王女が入ったあとのテーマ)」のままでした。遙かなる旅路が好きなので、ちょっと残念。

ルプガナの街とラダトーム城には「みかわしの服」が売っています。これでセティアも、ようやく布の服から卒業です。ついでトンヌラもみかわしの服を装備。メンバー全員の守備力が50を超えたところで、放送は終了となりました。

メタルスライムにギラをばらまかれ、放送開始早々につまづいてしまいましたが、苦戦したわりにはサクサク進めました。せいぜいルプガナの街までかなと思ったのですが、アレフガルドまで来られてなによりでした。

次回は、竜王の城でロトの剣を探します。

「団生ドラクエ2」は毎週金曜日22時頃から放送しています。
といいつつ、来週は予定を変更して、21日(木)22時からの放送を予定しています。

チャンネル登録お願いします!

(文/団長)


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。