【グラブル】八命切完成! そしてオクトー加入へ!

八命切、最終上限解放の素材が揃いました。

あとは「制作する」のボタンを押すだけ。艦首にドリルがついた空中戦艦みたいな二つ名がつきました。

と同時に、八命切の十天衆であるオクトーを加入させるフェイトエピソードが解放となります。

…さすがに四人目の十天衆ということで、説明が事務的ですが(笑)、それなりに達成感は感じているのですよ!

そんなわけで、オクトー戦です。

オクトーの属性は土なので、風属性のパーティで挑むことになります。
いろいろ考えたのですが、攻守のバランスがいいディメンション・ヘイロー戦の編成で戦うことにしました。

オクトーは初手とチャージターンMAXで神斬舞という特殊攻撃を行ってきます。
ダメージはないのですが、奥義ゲージを-30される上、モードゲージが上昇するという技です。HPの代わりに奥義ゲージにダメージが入っていると考えればよいでしょう。奥義ゲージを削られるため、こちらは奥義を撃つことが難しくなります。

HPが半分を切ると、オクトーは真の力を解放してきます。攻撃力があがるようですが、HP半分過ぎたあたりでBreakさせてしまい、その後奥義チェーンで倒してしまったため、真の力を見ることはできませんでした。

オクトーを倒したことで称号ゲット。オクトーにも「天晴!」といわれ、無事仲間にすることができました。

これまでの十天衆(フィンフ、サラーサ、シエテ)に比べると楽に感じたのは、私のパーティが強くなったこともあるのですが、大打撃を与えてくるような技や、こちらの行動を疎外してくるイヤらしい技がなかったためです。

ただし、通常攻撃の削りが弱く、奥義だよりの戦闘をするパーティの場合、奥義が封じられるので長期戦必至かもしれません。奥義で削れない分、押し切られて負けるような場面も増えてくるでしょう。

と考えると、オクトーはサムライらしく、正々堂々とした戦いをするキャラ(敵)だと言えるでしょう。

所持するアビリティは自己バフ(攻撃力とクリティカル率アップ)の「心解」、オクトーの存在理由とも言われる、味方に奥義ゲージを分配する「煉獄」、オクトー戦でも使ってきた神斬舞(モードゲージを削って奥義ゲージに変換)、そしてレベル100で習得する八命の廻り(5ターンの間高揚効果)と、敵味方の奥義ゲージを操作する、奥義特化型のキャラとなっています。土パーティの奥義の回転率が劇的に上昇しますね。
また自身の奥義は即死効果がついているので、周回などでは役立ちそうです(多分)。

同じ十天衆のサラーサと組ませると、剣モードにした時の奥義「シューティングスター」で999999ダメージを与える機会も増えるので相性が良いかも知れません。逆に三幕がないと999999ダメージが与えられないヨダ爺とは微妙に相性悪そうです。まだレベル1でちゃんと使ったわけではないのですが…。

それでは、エンジェル・ヘイローを回ってきます。

(文/団長)

 


団長

「てらどらいぶ」管理人。
ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。
心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。