てらどらいぶって、
なにやってるのかな?

東京都北区でWebページ制作、コンサルタントなどのお堅い仕事から、VTuber運営、イベント運営などやわらかいものまでいろいろとやっている事業体です。

どんなことをしているの?

Web制作などデジタルまわりからリアルイベントまで面白そうな事ならなんでもやっています。

Web制作&コンサルタント

Web制作&コンサルタント

ウェブ解析士が、あなたに相応しいWebサイト制作を請け負います。制作は実績のあるデザイナー、ディレクターが担当。ハイクオリティなWebページをお届けします。

VTuber事業

VTuber事業

VTuberの「もるこ」の運営をしています。これからのトレンドとなるかもしれない、最先端のエンターテイメントを披露いたします。

イベント運営

イベント運営

てらどらいぶの領域はデジタルだけではありません。芸能人・著名人のリアルイベントもプロデュースしています。

てらどらいぶ実績一覧

てらどらいぶで関わった事業の、ほんのちょっとをお見せします。

中の人はこんなカンジです。

てらどらいぶの中の人、「団長」のタカオカについて紹介します。

img

楽天で10年間、動画配信事業に従事した後、いろいろあって独立しました。
得意分野は映像系、Web制作、Web戦略等ですが、デジタルな事なら基本的に大好物です。趣味はゲームと読書、カメラという典型的なオタク気質。今のマイブームはVTuberです。

団長 - タカオカ ユキマサ

てらどらいぶ日記

てらどらいぶな日々を写真と文章で紹介します。

東商北支部青年部のボッチャ大会

東京商工会議所北支部青年部に入会したので、同部主催のボッチャ大会に参加してきました。

ボッチャはパラリンピックの競技の一つ。ターゲットとなるボールに、いかに自分のボールを寄せるかというゲームです。イメージ的にはカーリングに近いと思いますが、カーリングと違ってターゲットとなるボールは移動するため、ボールの位置によって戦略が変わってきたり、ターゲットを動かすことで状況をひっくり返したりできるという特徴があります。

実際は車椅子に乗ってボールを転がす専用のレーンを使い、一対一で戦うゲームなのですが、僕らは団体戦で、普通にボールを投げてプレイしました。

初めは「ただボール投げるだけでしょ?」と思っていたボッチャですが、なかなか奥が深く、またボールを弾いたりターゲットボールが動かされたりで、何度もどんでん返しが起きるので緊張感のあるゲームが楽しめました。

世の中、いろいろなゲームがあるんですね…!
ボッチャはもともとパラスポーツのため、体力の無い子供やお年寄りでも楽しめそうだし、スポーツとは言え頭脳戦になるので、体力の多寡が勝負に直結しない楽しさもあります(もちろん、ゲームへの習熟度は必要でしょうが)。

このゲーム、流行ったらいいなぁ、なんと思いつつ遊んでました。
まあ、普段の運動不足がたたって、まともにボールをコントロールできなかったのですけど(汗)。

僕が所属するBチームは残念ながら五位。入賞できなかったので、参加賞の、川口屋さんおちくわぶをお土産にもらいました。

もるこ、リニューアルしました。

てらどらいぶで運用しているVtuberのもるこのイラストがリニューアルされました!

もるこはもともと、僕が持っていた上半身だけのイラストを、僕が運用するつもりで(ほぼ遊びで)作ったものですが、その後いろいろあって現状のように事業として運営できるようになりました。

とはいえ、上半身しかないというのも不便なもので、ほぼゲーム実況しかできない状態だったこと、水着のイラストだとYoutubeが規定する収益プログラムの審査に通らない懸念があることなどを鑑みて、全身モデルと作ることにしました。

全身モデルを作るにあたっては、もるこの生みの親(原画)と絵師さんに協力してもらい、オリジナルもるこを再現できる環境でリニューアルしました。

そうして出来たのが、上記の全身イラストです。どうです? かわいいでしょう?(笑)

このイラストを公開した後、もるこのTwitterアカウントは大幅にフォロワーが増え、チャンネル登録数も増えました。

正直、ラフの時点ではいままでのもること雰囲気も違うので、公開するにあたっては不安もあったのですが、蓋を開けてみたらこの結果。うれしいですね。

今後はゲーム実況に加え、「歌ってみた」やトーク配信などもやっていければ、と考えております。

これからも「もるこ」を、よろしくお願いします。

もるこのYoutubeチャンネル

https://bit.ly/2KydtN0

7/20のイベント、盛況に終わる!

7/20に開催された、てらどらいぶ主催のイベント、無事に終了しました。

チケットの売れ行きが悪く、前回のイベントもグダグダだったので、今回も開催に際して大変心配していたのですが、蓋をあけてみたら大盛況! 演者のみんなもガンバッてくれて、最高のイベントとなりました!(チケットだけは残念ながら想定の2/3程度でしたが…)

前回の失敗の理由を徹底的に洗い出し、事前にしっかり出演者とシナリオを読み合わせたことで、予想以上のデキに仕上がったものだと思います。やってほしいこと、やりたいことが最初からクリアになっていれば、あとは各自のパフォーマンスを発揮するだけです。僕も裏方としてがんばりました。

段取り八分といいますけど、ホント、最初の準備が肝要なんですね。痛感しました。

次回のイベントは10月を予定しています。次はさらに、高みを目指します!