てらどらいぶって、
なにやってるのかな?

東京都北区、飛鳥山のそばでWebページ制作、Webコンサルタント、UI/UX設計などのお堅い仕事から、VTuber運営、キャラクター作成などやわらかいものまでいろいろとやっている事業体です。

Web設計からキャラクター制作まで(事業紹介)

Web制作などデジタルを中心に、キャラクター制作など面白いことも行っています。

Webページ制作

Webページ制作

あなたのサービスにふさわしいWebサイト制作を請け負います。制作は実績豊かなデザイナー、ディレクターが担当。ハイクオリティなWebページをお届けします。

UI/UX設計

UI/UX設計

システムやアプリのUI/UXを設計します。経験と知識が豊富なメンバーであなたのサービスを分かりやすく親しみやすく設計します。

Web戦略コンサルタント

Web戦略コンサルタント

Web解析士が、コンテンツSEOやWebページのアクセスアップ、SNSプロモーション戦略など、幅広いWeb戦略を提案します。ぜひご相談ください。

コンテンツ制作

コンテンツ制作

ゲームやコミックの原作、Webコンテンツ制作の実績があります。コンテンツ案の企画段階から携わりますので、お気軽にご相談ください。

VTuber事業

VTuber事業

VTuberの「もるこ」の運営をしています。これからのトレンドとなるかもしれない、最先端のエンターテイメントを披露いたします。

イベント企画運営

イベント企画運営

てらどらいぶの領域はデジタルだけではありません。芸能人・著名人のリアルイベントもプロデュースしています。またARを使った先進的なイベントも企画中です。

てらどらいぶ実績一覧

てらどらいぶで関わった事業の、ほんのちょっとをお見せします。

中の人はこんなカンジです。

てらどらいぶの中の人、「団長」の高岡について紹介します。

img

経営コンサルタント会社で経営計画立案の業務に携わった後、縁があって楽天株式会社に入社。
10年ほど動画配信事業等に従事した後、もっと自由に前向きに、自分がやりたい事業を成し遂げたいと思い、独立を決意しました。

得意分野はコンテンツ制作、映像制作、UI/UX設計、Web戦略等ですが、デジタルな事なら基本的に大好物です。

趣味はゲームと読書、カメラという典型的なオタク気質。好きな食べ物はおでんとカレーです。

これまで生きて得た経験ばかりではなく、常に新しい事を知り、挑戦し、取り組んでいくという姿勢は崩さずにいこうと思っています。また、ビジネスでも私生活でも、既存の価値観や常識に固執せず、常に流動的に世の中の変化変革にあわせられる、フレキシブルな人間になれるように心がけています。

「らき☆すた」で有名な埼玉県鷲宮町(現久喜市)出身。東京都北区在住。北区と秋葉原をこよなく愛しています。

団長 - 高岡幸正

団長日記

てらどらいぶな日々を写真と文章で紹介します。

あけましておめでとうございます(2022年)

新年、あけましておめでとうございます。

去年はコロナの影響などがあってままならない一年でした。


私も融資を受けたはいいものの、予定していたレトロゲームおでん屋が開業できなかったり、いろいろな会社とのコラボなどが流れてしまったりと、少し困った状況となってしまいました。

不況とコロボを言い訳に、少しのんびりしすぎた部分もありました。
今年はそのような反省と、飛躍の年にしたいということで、新年の目標を立てました。

①プログラムを再履修する。特にPythonとUnityを学んで、何かしらアプリケーションを作る。
②Web関連の勉強の証として、ウェブ解析士以外の資格を取る。
③去年から計画していた「電脳おでん村正(レトロゲーム店)」を開店する

その他にも様々な目標があるのですが、主にこの3つの主目的に紐付いたものなので、ここでは一つづつ名言するのはやめておきます。

去年までは、これまでの人生の「習性(ならいしょう)」で生きてきて、なおかつ仕事をしている感じでした。

ITやWebの世界は日進月歩なので、常に新しい情報を仕入れ、日々の学習を怠っていないつもりでしたが、そのインプットに対しアウトプットが全くできていなかったように思います。

なので「できることをやっている」という仕事ぶりとなってしまい、その意識の低さが人生の質にもつながってしまったのかな、と思った次第です。

そのような状況から脱却するため、今回は収益目標とは別に、自分のビヘイビアに対する目標を新たに設け、プログラミングと資格習得を目指すことにしました。

プログラミングについては、実に楽天時代から7年のブランクがあります。しかもPythonもUnityも初めて触るので、うまくできるか不安ですが、それなりに楽しみであったりもします。

お店の計画については、実店舗に加え、Unityで学んだ知識を活かし、VR空間におでん屋を作るというプランも考えております。

このアイディアは、年末にVR空間内に「バーチャル秋葉原」を作るという記事を読んだからなのですが、デザインが最近のアニメらしいありきなりなサイバーパンクで、しかも「秋葉原である必要性を感じられない」ものでした。

秋葉原という街はサイバーでアニメチックかもしれませんが、秋葉原のサイバー文化はBit-INNができて以降40年の重厚な歴史があるわけで、そういう歴史や文化をオミットして、ただ今の流行りでAR電光掲示板みたいなフォントをビルに貼り付ければいいってものではないと思うんです。

もちろん、このデザインがいいという人が多いから、このデザインが通って今年オープンするという流れなのでしょう。なのでデザインを悪く言うつもりはないです。私好みではないというだけであって。

なら、自分でもなにか作ってみようかな、と思ったのがUnityに手を出すきっかけです。

もちろん、プロのデザイナーが参画するバーチャル秋葉原のような立派なものは無理ですが、自分の理想とする「バーチャルおでん屋」を作ってみようと思うのです。

その学びから、いろいろなスキルやアイディアが得られればいいなと考えています。

今年の初詣も、王子神社にしました。今年で建立700年だそうです。

いつもお守り類は買わないのですが、今年こそ!という気持ちを込めて、商売繁盛のかわいいお守りを買いました。
ご利益があれば嬉しいです。

このようなわけで、今年もてらどらいぶをよろしくお願いいたします。

2021年をふりかえって

今年は、てらどらいぶ…というか、私にとっては大変な一年でした。

コロナのこともあり、世間一般的におそらく大変な年だったとは思いますが、うちも例外ではなかったということですね。

去年末から進めていたレトロゲームおでん店の計画は緊急事態宣言によって延期を余儀なくされ、借り入れた融資も塩漬けとなった挙げ句、何も生み出さないまま外注費の支払いにまわっていくという、残念な流れとなってしまいました。

今年は私が住んでいる北区にとっては、まさにボーナスステージの年でした。

大河ドラマで地元の偉人である渋沢栄一翁が主役となり、また渋沢栄一翁が新一万円札になるということで、北区としてもシティプロモーションの絶好の機会でした。

飛鳥山博物館に23区内初の大河ドラマ館ができ、区内には渋沢栄一のキャラクターをあしらったコミュニティバスが走り、都内で唯一北区内だけ併用軌道を走る都電荒川線にも北区と渋沢栄一翁のラッピングが施された車両があったわけですが、長期に渡る緊急事態宣言のせいで博物館は閉館を余儀なくされ、当初の目論見通りの誘客はできなかったと思います。

また今年はオリンピックイヤーで、インバウンドも見込めたはずでしたが、開催自体はしたもののコロナ対策での無観客開催となり、結果観光効果は望めず、ホスト国としての義務は果たせた程度の事で終わってしまいました。

うちのおでん屋も、このようなビッグウェーブに合わせて開店すべく、各所と調整をしてきたのですが、開店準備がはじまるところで緊急事態宣言が発令となり、有識者のアドバイスに従い計画を延期する、という苦渋の選択を余儀なくされたというわけです。

でも、この判断は正しかったと思います。飲食店、特に酒類を提供する店にとって、今年は本当に大変だったそうですし、店を開いていたら半年と持たなかったかもしれません。


疫病は天災なので、誰が悪いという話ではありません。

政府も都も、できる限りのことはやったと思います。みんなが苦しい中で国民も耐え忍んだ一年でしたが、その経済的影響は今後も大きく響いてくるのだろうな、というのが率直な感想です。

とはいえ、いつまでもコロナを理由にしょんぼりしているわけにはいきません。

この大晦日で今年の厄を払い、来年は希望にあふれた一年にできれば、と思います。

みなさんの来年の幸福をお祈りいたします。私は僧侶ではありませんが(笑)(飛鳥山の青淵文庫にて)

ウェブ解析士資格維持試験に合格

今年も無事、ウェブ解析士の資格継続のための試験に合格しました!

ウェブ解析士はその資格を維持するため、年に一度試験を受けなければいけません。
正直、ネットの仕事をしていればそこまで難しい試験ではないのですが、これが年に一度あるというだけで勉強するきっかけになります。

ウェブ解析の世界は日進月歩。いつの間にか新しいスキームが生まれたり、ビジネスメソッドが生み出されたりすることも珍しくありません。

なので、年に一回の勉強だけで追いつけるわけがなく、日々仕事の合間にWebの話題や新しいビジネスについての情報を仕入れ続けなければいけません。これはどんな仕事でも一緒でしょうが、Webはとにかく新陳代謝が早いため、少しでものんびりしていると置いていかれてしまいます。

ウェブ上のビジネスは、いわば無制限で互いの知恵とセンスで競い合うラリーのようなもの。

実際のラリー同様、上り坂や悪路をどう駆け抜けるのか、それは経験と知識がものを言う局面も多いです。

ドライバーの力量が走り込みに比例するように、ウェブ解析士の実力も実践や毎日の勉強がものを言うと思ってます。

数年前からウェブばかりではなく、SNS対策や動画プラットフォームでの施策も要求されるようになってきました。

ウェブサービスやプラットフォームが増えれば増えるほど、マーケティング施策は幅広くできる一方、その手段の多さに比例して知識も必要となってきます。

自分も常に最先端のウェブ知識を取り込むべく、ネットばかりではなく書籍やセミナーで研鑽を続けていますし、話題のサービスは一度使ってみるようにしています。

こうした日々の修練の結果、お客様に満足していただけるコンサルティングができるものだと思っております。

特にコンテンツ関連のマーケティングやUIUXデザインについては自信がありますので、ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

©2019 てらどらいぶ