てらどらいぶって、
なにやってるのかな?

東京都北区、飛鳥山のそばでWebページ制作、Webコンサルタント、UI/UX設計などのお堅い仕事から、VTuber運営、キャラクター作成などやわらかいものまでいろいろとやっている事業体です。

Web設計からキャラクター制作まで(事業紹介)

Web制作などデジタルを中心に、キャラクター制作など面白いことも行っています。

Webページ制作

Webページ制作

あなたのサービスにふさわしいWebサイト制作を請け負います。制作は実績豊かなデザイナー、ディレクターが担当。ハイクオリティなWebページをお届けします。

UI/UX設計

UI/UX設計

システムやアプリのUI/UXを設計します。経験と知識が豊富なメンバーであなたのサービスを分かりやすく親しみやすく設計します。

Web戦略コンサルタント

Web戦略コンサルタント

Web解析士が、コンテンツSEOやWebページのアクセスアップ、SNSプロモーション戦略など、幅広いWeb戦略を提案します。ぜひご相談ください。

コンテンツ制作

コンテンツ制作

ゲームやコミックの原作、Webコンテンツ制作の実績があります。コンテンツ案の企画段階から携わりますので、お気軽にご相談ください。

VTuber事業

VTuber事業

VTuberの「もるこ」の運営をしています。これからのトレンドとなるかもしれない、最先端のエンターテイメントを披露いたします。

イベント企画運営

イベント企画運営

てらどらいぶの領域はデジタルだけではありません。芸能人・著名人のリアルイベントもプロデュースしています。またARを使った先進的なイベントも企画中です。

てらどらいぶ実績一覧

てらどらいぶで関わった事業の、ほんのちょっとをお見せします。

中の人はこんなカンジです。

てらどらいぶの中の人、「団長」の高岡について紹介します。

img

経営コンサルタント会社で経営計画立案の業務に携わった後、縁があって楽天株式会社に入社。
10年ほど動画配信事業等に従事した後、もっと自由に前向きに、自分がやりたい事業を成し遂げたいと思い、独立を決意しました。

得意分野はコンテンツ制作、映像制作、UI/UX設計、Web戦略等ですが、デジタルな事なら基本的に大好物です。

趣味はゲームと読書、カメラという典型的なオタク気質。好きな食べ物はおでんとカレーです。

これまで生きて得た経験ばかりではなく、常に新しい事を知り、挑戦し、取り組んでいくという姿勢は崩さずにいこうと思っています。また、ビジネスでも私生活でも、既存の価値観や常識に固執せず、常に流動的に世の中の変化変革にあわせられる、フレキシブルな人間になれるように心がけています。

「らき☆すた」で有名な埼玉県鷲宮町(現久喜市)出身。東京都北区在住。北区と秋葉原をこよなく愛しています。

団長 - 高岡幸正

団長日記

てらどらいぶな日々を写真と文章で紹介します。

新パソコン、導入完了!

4年前に買ったパソコンが、すでにAdobeCCの各アプリの最低要件を満たす程度の性能となってしまい、仕事で動かすのがきつくなってきていました。

それまで使っていた自作パソコンの電源が壊れてしまって買い換えたのですが、当時はAdobeアプリをプライベートでは使っていませんでしたし、ゲームもフォトリアルなFPSは遊ばないので、せいぜいDQXが動けばいいかな程度で考えてドスパラで8万円程度のデスクトップパソコンを買いました。メモリも8GB、グラボも最低限のGeforce GTX 1050が乗った程度のものです。

それでも今まで使っていた自作パソコンよりは性能がよかったので満足だったわけですが、ここ最近のCPUとGPUの進化と、それに比例するようなAdobeアプリの機能強化がたたってついていけなくなったわけです。

当然、そんなスペックなのでSteamのゲームなども重たいゲームはほとんど快適に動かないという状況となっていました。

ゲームは配信用のゲーミングノートがあるのでいいとして、仕事の作業が進まないのは問題です。ゲーミングノートを仕事で使っている4KモニターにつないでAdobeのアプリを動かすことも考えたのですが、個人事業主なのでメールも見ないといけないし、Officeのアプリも動かさないといけません。

主に配信用のパソコンですし、持ち歩く機会も多いのでメーラーやOfficeなど、配信に関係ないアプリはちょっと入れたくないなと思いました。

かといってノートとデスクトップ双方を起動して仕事するのも面倒なので、どうしようかと迷っていました。

そんな時、幸い持続化給付金がいただけたので、思い切って買い換えることにしました。

最初はワークステーションの購入を考えたのですが、思いのほか高くて断念。
結局、高性能なゲーミングPCを買うということろで落ち着きました。

ゲーミングPCといえばBTOやパーツメーカーのものが知られていますが、私はヒューレット・パッカードのゲーミングPCブランドのOMENのデスクトップを買いました。

キャッシュレス還元5%をやっていたドスパラと最後まで悩んだのですが、OMENはちょうどオンラインショップ限定セール中で、キャッシュレス還元を含めてもドスパラよりも安かったので、こっちに決めました。

CPUはi7-9700K、GPUはGeforce RTX 2080super、メモリも32GB積んでおり、必要に応じてもう一組スロットが空いているので、68GBくらいまでは簡単に拡張できます。

ゲーム用にはAMDのRyzenが安くて早くていいようですが、一番使用するPremiere Proは8コア以上は使わず、またH.264形式のファイルを扱う場合はIntel製のCPUの方がよいとAdobeが公式に答えています。

https://adobe.ly/3gL7in4

今回のPCはあくまで仕事がメインなので、Intel製CPU搭載のものを選びました。

GPUをRTX 2080superまでおごったのは、単にコストパフォーマンスの問題です。AdobeのアプリはRTXをサポートしているのでRTXのグラフィックボードがほしかったことと、使用しているモニターが4Kなので、4Kの解像度でビデオやゲームの映像が出力できるものがいいと考えたためですね。

前回のPC購入時に、「これくらいでいいや」と思ってミドルスペックのものを買ったら陳腐化が早かったという教訓もあります。超ハイスペックではなくても、良いものを買っておけばスペック的に長持ちしますからね。

新PCへの環境やファイルの移行は、クラウドストレージを活用しました。
この話は、また次回に!

ポリ袋有料化と環境問題の齟齬

7/1より、国策としてレジ袋有料化がはじまりました。
旗振りした経産省のサイトによると、レジ袋が地球環境に与える負荷を減らし、我々のライフスタイルを見直すきっかけにしてほしいとのこと。

https://bit.ly/2AFwzzO

非常に、余計なお世話と言えます。むしろ国がやることなのか? と思えてなりません。

日本のスーパー等で使われているレジ袋は、ガソリン精製の際に出来る副産物であるポリエチレンを原料とした、いわゆるポリ袋です。

もともと石油由来なのでよく燃えますし、ガソリンを作る時に出来る余り物で作っているので非常にエコと言えます。ペットボトルのようにリサイクルはできませんが、その代わりゴミ焼却炉内で燃料となり、炉内の温度を維持するのに役立ちます。

ゴミの焼却炉が各自治体に設置してある日本においては、ゴミ出しのルールに従って自治体に処分を任せている以上、ポリ袋が環境負荷を高めるということはありえません。

事実、上記の環境省のサイトでは、紙や布など燃える袋については対象外とされています。
ならば、紙や布以上に燃えやすいポリ袋も有料にする必要はなかったのではないでしょうか…?

ポリ袋有害説は、主にポリ袋が自然に分解されるのに長い年月が必要だからと言うところからきています。そのため、海洋等に流出した場合、重大な汚染を引き起こすというわけです。

しかしこれは、ポリ袋が悪いわけではありません。ゴミ捨てのルールを守らない人達の心の問題です。ポリ袋をポイ捨てする人間は、他のゴミもポイ捨てするのだから、ポリ袋だけ有料にして使わせないようにしたところであまり意味はありません。

本当に海洋ゴミなどの問題を解決したいなら、0に0をかけるがごとく、真面目にゴミ処分をしている人達を締めつけるような制度を導入しても効果は薄いわけです。

それよりも、ポイ捨てを許さない社会の醸成や意識変革を促す事の方が、大切なのではないでしょうか?


ところで、私は5年ほど前からエコバッグを使っています。

別に環境のためとか大それた考えからではなく、買い物のたびに増えていくレジ袋が邪魔に思えたことと、エコバッグ持参時に貰えるエコポイントをためるのが楽しみだったからです。

また、小さくたためるエコバッグは、急に大きな袋が必要となった時などにも役立ちますし、サブバッグとして持ち歩く習慣がついていました。

とはいえ、財布一つで済む近所のコンビニや、通院後に寄る薬局に行くときにまで持ち歩きません。

しかし今後は、これらの店でも袋が有料になるため、常にエコバッグを持ち歩く必要がでてきました。

また、レジ袋有料化に伴ってエコポイントを廃止する店も増えてしまい、以前からエコバッグを使っていた人へのインセンティブまで消えてしまうことになりました。

経産省は今は不便になっても、いずれ習慣化されるだろうと思っているのかもしれませんが、科学的な根拠も薄く、実効的な効果があるのかさえ分からず、ただただ生活が不便になっただけのこんな政策を、エコとか環境などという美辞麗句に踊らされて採用したのは本当に下策としか言いようがない。

もとよりルール通りにゴミを処分していたり、エコバッグを使っていた人達の利便性だけを著しく下げただけです。

無知な海外からの批判を真に受け、間伐材を使って作られていた割り箸を、森林破壊の原因と決めつけて流通を大幅に減らした結果、間伐材の処分に困り結果的に森の保全を難しくしてしまった時の二の舞と言えるのではないでしょうか。

国全体、国民全員の生活に影響が出る政策は、少なくとも雰囲気で決めるのはやめてほしいものです。
海外での動きがどうこうという話もありますが、前述の割り箸のように、海外からの批判というものは必ずしも根拠を伴っていません。鵜呑みにするべきではないのです。

私はSDGsを支持していますが、その理念に沿っているかのように見えて、実は誰かの思い込みで、本当はまったくの無根拠で、むしろ害悪しか生まない主張や政策には、きっちりNOと言っていきたいと思います。

むしろそれこそが、SDGsがうたう持続可能な世界を作ることになると思っています。


ちなみにエコ云々の話で言えば、家庭ゴミの何割かを占める生ゴミは、ほとんどが水分なので燃えにくいです。その生ゴミを燃やすため、大量の燃料を使って焼却炉を稼働させるわけですが、炉内にポリ袋のような燃料代わりになる素材があれば、使用される燃料も軽減されるはずなのです。

なので7/1以降、各地のゴミ焼却炉の使用燃料がどう変わったのかは、発表していただきたいなと思っております。

結果を提示するには数字が一番です。レジ袋有料化がいかにエコに貢献したのか、きっちり数字で示していただきたいものですね。


なお、私が今使っているエコバッグは「Thinking Power タイベック製の買い物バッグ THINK AERO SPEED BAG」です。

アメリカのデュポン社が開発したポリエチレン素材「タイベック」を使った軽量で丈夫なエコバッグです。

タイベックは優れた強度と防水性能を誇り、建築資材や医療現場などで活躍する素材です。一見すると紙のようなのですが、丈夫で防水性が高いので、雨の時にも使えますし、重たいものを入れても底が抜ける心配はありません。

また、普段は小さくたためますので、携行するにも便利です。

よくある薄手のエコバッグと比べて使い勝手がよく、ビジネスシーンで使ってもおかしくはないので、フレキシブルで便利ですよ。

お求めはこちらで!

https://amzn.to/2DhaloE

3色だけでセンスのいい色

私はWebデザイナーではないので、構成は作ってもWebページやシステム画面の本デザインをすることはほぼありません。

しかし、デザイナーさんがあげてきたものをジャッジしたり、バナーや動画のアイキャッチなどの制作程度は行うので、最低限のデザインの知識というか、何が良くて、何が悪いのか程度の判断基準は持っている必要があります。

そのようなわけで、私は勉強のためにグラフィックデザインの本をそれなりに読むのですが、今回とても良い本を見つけたのでご紹介します。

「見てわかる、迷わず決まる配色アイデア 3色だけでセンスのいい色」は、そのタイトルの通り、3色だけをつかって、印象深いグラフィックを作るための作例が掲載されている本です(写真等はのぞく)。

作例はそれぞれ「ナチュラル」「ポップ」「エレガント」などケース別に分かれ、なおかつそれぞれのカテゴリーの色の系統も豊富です。
なので、今作りたいグラフィックの方向性を決めて、カテゴリー内のページをめくれば、ピタッとはまった配色のサンプルがでてくるという具合です。

私がまさにそうなのですが、特に非デザイナーで、「色のセンスが悪くて…」と悩んでいる人は多いはずです。
また本職のデザイナーでも、色使いのバリエーションを増やしたいという方は少なくないかと思います。

そんな方に、この「見てわかる、迷わず決まる配色アイデア 3色だけでセンスのいい色」はピッタリの本です。

実はすでに動画のタイトルやサムネ、アイキャッチ制作時に使っていますが、色使いに関する方向性が全くない状態でも、本をめくれば雰囲気に合ったカラーリングのサンプルが出てくるのは本当にありがたいです。

サンプルにはもちろん、RGBやCMYK、そしてWeb用のカラーコードがついてますので、そのまま入力すればOK。本当に使いやすいです。

この「見てわかる、迷わず決まる配色アイデア 3色だけでセンスのいい色」ですが、発売と同時にネットで話題となって、一時期Amazonでも品薄でした。

電子書籍でも販売していますが、この手の本は、書籍として持っておきたかったので、次回入荷を待って注文しました。

今も入荷待ちなので、世間での評判もかなりいいようですね。私も手放せない一冊になりそうです。

色使いやカラーリングに迷っているなら、買って損はありません。
お買い求めは下記のリンクにて。

https://amzn.to/2VMaDKn