ゲームマーケット2017秋レポート

スポンサードリンク

去る12/2~12/3に東京ビッグサイトで開催された「ゲームマーケット2017秋」。
ゲームマーケットといえば国内最大級アナログゲームの祭典。全国からゲームメーカーやゲームショップ、ディーラーなどが集まるアナログゲーマーの一大イベントとして知られています。

そんなゲームマーケットに、最近アナログゲームとはご無沙汰な団長が行ってきました。
なお、ゲームマーケットに参加するのは二年ぶり二回目です。


最初に立ち寄ったのは、ネコSHOGIバトルのブース。

大きな着ぐるみと美人のお姉さんに釣られて入ってみました(笑)。

展示されているゲームは「ネコSHOGIバトル」です。

「ネコSHOGIバトル」とは、将棋をネコキャラクターにしたカード版将棋ゲームです。
従来の将棋とは違い、運の要素を取り入れた”チャレンジカード”や”作戦指令カード”が付属しており、将棋の強い子も弱い子もみんな一緒に楽しめる将棋カードゲームです。

…というわけで、最大の特徴は「チャレンジカード」というランダム要素が加わったことです。
実際に試遊させてもらいましたが、チャレンジカードのエフェクトは「相手の金銀のカードいずれかを受け取る」「任意の歩をその場でと金にする」「二連続で手を打つことができる」「対戦相手と陣地を入れ替える」と、いずれもゲームバランスを壊しかねないもの。

あー! これ小学生の時に、友達にどうしても勝てなくて「こんなルールがあればいいのにっ!」と思ったヤツだー!

チャレンジカードの威力が大きすぎるため、実力による差がつきづらい一方、勝負が運任せになってしまうだろうという印象を持ちました。なのでガチの勝負用というより、子供用のボードゲームとして、またはパーティゲームとしての需要が大きいだろうと感じました。

 

続いて立ち寄ったのはアークライトのブース。

私が今一番気になっているボードゲーム「サイズ-大鎌戦役-」が展示してありました。
第一次世界大戦時の東欧を舞台としたスチームパンクというバックグラウンドもさることながら、見ての通りの豪華なコンポーネントが物欲を刺激してくれます。
なお、後述するゲームショップ「リトルケイブ」の冊子「ボドゲ×男子」という冊子には「殴れるアグリコラ」という、とても分かりやすいキャッチがつけられていました(笑)。

同じくアークライトのブースで展示されていたクトゥルフウォーズ。禍々しいフィギュアが乱立するボードがダークな世界観を否が応でもカンジさせてくれます。

アークライトのクトゥルフものは探索者となって神話の謎に挑む協力型のゲームが多いですが、クトゥルフウォーズは邪神になって他の邪神と戦うゲームとなっています。マスター・オブ・モンスターズみたいなゲームですね。たとえが古いですが。

こちらもコンポーネントが豪華で遊び甲斐がありそうです!

 

フィギュアが豪華といえば、忘れてはいけないのがウォーハンマー。

ミニチュアゲームショップ、高円寺ジャイアントホビーのブースでは、かっこよくカラーリングされたミニチュアが飾られていました。

高円寺ジャイアントホビーはプレイスペースの他、ペイントスペースも用意。工具等等の貸し出しも行っており、気軽にフィギュアのカラーリングを楽しめるとのことです。

また12/9~1/27の期間、「初めてのグランプリAoS」というイベントを開催。初心者を対象にペイントからゲームまどを一緒にやってみようというワークショップ型のキャンペーンイベントです。これからウォーハンマーAoS(エイジオブシグマー)を初めてみたいという方にはうってつけのイベントです。ウォーハンマーが気になっている方は、これを機会に初めてみたらいかがでしょう?

 

続いては、TRPGユーザーなら知らないものはいない、天下のグループSNEのブースです。

そんなカンジで会場をぶらついていた団長の目の前に、「トンネルズ&トロールズ(以下T&T)」の文字が。

うわぁ、懐かしい!

団長のTRPG歴の中でもっとも長い期間遊んだゲームがT&Tです。

みよ、このT&Tの使い込み具合(笑)。

文庫本で供給されていたT&Tは、ファイティングファンタジーと同じくD&Dの赤箱が買えないキッズが手軽に始められるロールプレイングゲームでした(当時はTRPGという言葉がなかったはず。ロールプレイングゲームといえば紙のゲームだった)。
本屋で買えるという気軽さは一緒に遊べる友達が増やしやすいという利点もあり、またT&Tはソロ用のシナリオも販売されており、ゲームブックとしても楽しめたため、経済力のないキッズにも嬉しい仕様でした。

なお、私のT&Tの思い出等についてはこちらの記事に書いてありますので、よろしかったらご覧ください。

ブースではリライトされた「カザンの闘技場」をはじめ、T&Tの関連の雑誌がいっぱい。

さらにさらに。T&Tといえば雑誌「ウォーロック」ですが、こちらもまさかの復刊が予定されているそうです。また、他にも魅力的なT&Tサプリメントの用意があるようです。グループSNEさんの力のいれようが分かりますね!

ちなみに途中まで、ここがグループSNEのブースとは知らずに熱弁を振るっておりました(笑)。

 

そんなわけで、今回の戦利品です。

最終章の劇場公開もはじまった、ガールズアンドパンツァーのウォーゲームです。
今回のゲームマーケットは、ウォーゲームがほしくて行ったという動機があります。で、ゲットしたのがぱんつぁー・ふぉー!です。

アニメの内容をなぞったシナリオが用意され、実際に戦車道を楽しむことができるウォーゲームです。マップも各戦のものが用意されています。

聖グロ戦用に大洗のマップもついています。赤いヘックスは地元民しか知らない裏道で、大洗女子のユニットだけが通れるルールになっています。

太平洋戦争の戦略級ゲームがほしかったので、買ってきた太平洋戦史。ルールが簡単で本格的な太平洋戦を楽しめるゲームだそうです。ネットでの評判もいいようですし、戦略級のウォーゲームとしては手頃だったので、ゲットしました。

こちらは、最近うまるちゃんにハマりはじめた姉へのお土産です。
うまるーん神経衰弱ゲームということで、神経衰弱にうまるちゃん的な要素が加わったカードゲームです。
リバース、スキップといったUNO的な要素が入っていたり、うまるちゃんのカードが揃うと三枚めくれるようになったりと、パーティゲームとして盛り上がれるルールになっています。

なお、版権絵がばっちり使われていますが、このゲームを販売しているのは、うまるちゃんのアニメのプロモーションを手がけているスロウカーブ社。公認アイテムのため、箱の後ろには東宝のライセンスシールが貼られています。

そして、てらどらいぶでたびたび紹介させていただいている、タルヲシルさんの新作「キズナと蛍の物語」。
ラノベテイストの協力型カードゲームです。プレイ時間が15分~30分ということでライトなプレイ感が楽しめるゲームとなっている模様。こちらのゲームはてらどらいぶの新年会の際に遊ばせてもらいます。

なお、キズナと蛍の物語はコミックの連載も決定したそうです。

 

これからも、ルキオラ・クルキアタサーガの展開から目が離せませんね!

 

最後はボードゲームカフェ「リトルケイブ」が販売するゲーム紹介紙「ボドゲ×男子」。
意外と多い女性ボードゲーマーを狙った薄い本のようですが(?)、中身はマジメなゲームカタログとなっています。私としては、ここ最近で一番気になっているサイズ-大鎌戦役-の情報が記載されていたのがグッドでした。次に買うアナログゲームの参考にさせていただきます。

そして今回、一番イカしてると思った作品は…

午後のロードショー好きにはたまらない、AlwaysさんのB級モンスター映画メイキングRPG「ザ・マッシブガン」です。

もちろん、買ってきました。

プレイヤーは監督と主演俳優となり、ランダムで決められたタイトル、あらすじ、見どころに沿って、決められた予算内に最高(?)のB級モンスター映画を作っていくというRPGです。
ルールも簡単で、冊子にはリプレイもついているので、遊び方はすぐに分かるようにできています。

他のTRPGルールと違って、B級モンスター映画を作ることだけに特化した内容になっており、なおかつGMが事前にシナリオなどを用意する必要もないので、ちまたのTRPGとは趣が違っているともいえますね。


以上、ゲームマーケット2017秋のレポートでした。
取材が偏ってしまったのは、諸般の事情で会場に三時間しかいられなかっためです。
本当はもっといろいろなブースを見てまわりたかったのですが…2018年春は、しっかり取材したいと思います。こうご期待!

(文/団長)


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントを残す