Google HomeやAmazon Alexaなど、スマートスピーカーで音声のみで遊べる「対戦型・RPG格闘ゲーム – ボイスカンフー」リリースのお知らせ

スポンサードリンク

※この記事はプレスリリースをそのまま掲載しています。

スマートスピーカー用アプリ(スキル)を研究する VoiceApp Lab(ボイスアップラボ、所在地:京都府京都市、代表:コバヤシトール)は、世界初!Google HomeやAmazon Alexa等の「スマートスピーカー」で遊べる「対戦型・RPG格闘ゲーム:ボイスカンフー」を、2018年2月16日にリリースしました。

Google HomeやAmazon Alexaで、音声のみでプレイできる、
常識を打ち破る格闘ゲーム「ボイスカンフー」

 

■ スマートスピーカー用アプリの常識を打ち破る

PCやスマートフォンと異なり、スマートスピーカーには画面がなく、音声のみで操作する必要があります。そのため、ユーザーが熱中して遊べるようなゲームを開発するのは困難でした。

今回「ボイスカンフー」では、

・音声だけで遊ぶ「格闘ゲーム」
・何度でも遊びたくなる「RPG要素」を持つ
・他のユーザーと対戦できる「対戦型ゲーム」

という、スマートスピーカー用アプリの常識を打ち破るゲームを実現しました。

多数のスマートスピーカー用アプリ開発の経験から、音声ユーザーインターフェイスの特徴とユーザーの反応を分析。その結果、音声アプリでありながら「やりこみ要素」を追求した、異色のゲームを完成させました。音声だけなのに、何度でも遊びたくなる豊かなゲーム体験に仕上がっています。

 

■ ストーリー:あなたは、中国四千年の歴史をもつ武術の継承者

あなたは、中国四千年の歴史を持つ武術「ボイスカンフー」の継承者に選ばれました。最高師範「ジャッキー・リー」の指導のもと、あなたは、なみいる強豪を倒し、立派な戦士になれるのか?そして最後に立ちはだかる最強の敵とは?

 

■ 起動方法

次のウェイクワードで起動します。(Alexaの場合は、その前にスマホのAlexaアプリで「ボイスカンフー」を有効にしてください。)

「ねぇグーグル、ボイスカンフーにつないで」
「アレクサ、ボイスカンフーを開いて」

あとは音声の指示に従ってください。

 

■ 4つのコマンドを駆使して戦え

ボイスカンフーは、音声で遊べる格闘ゲームです。あなたは、「パンチ」「キック」「守る」「投げる」の4つのコマンドを駆使して、対戦相手と勝負します。4つのコマンドは、それぞれ、

・「パンチ or キック」は「守る」に弱い
・「守る」は「投げる」に弱い
・「投げる」は「パンチ or キック」に弱い

という「ジャンケン」のような三すくみ関係となっています。

勝負はターン制です。もし相手が「パンチとキック」で攻撃してきたら、「守る」を選びましょう。守ればダメージを受けません。相手が守っていたら、その時は接近戦、つまり、「投げる」を選びます。逆に、相手が投げるを選んでいたら、その時は、「パンチとキック」で応戦しましょう。

強い相手になると、フェイントをしてきたり、複数コマンドを仕掛けてきますので、なんども戦って慣れましょう。特に相手が集中しているときは要注意です。

 

■ 経験値をためて「技」をレベルアップせよ

勝負に勝って「経験値」をためましょう。経験値がたまるとレベルアップし、新しい階級に昇級できます。階級は「見習い」「三級」から「最高段位七段・名人」まであります。それぞれの階級で使える「技」が異なりますので、どんどん習得して、強くなりましょう。

 

[ 階級進行 ]
見習い → 三級 → 二級 → 一級 → 初段 → 二段 → 三段 → 四段 → 五段・匠 → 六段・達人 → 最高段位七段・名人 → ?

 

■ 擬似対戦システムだから寂しくない

ゲームを中断しても、あなたの分身は、自動的に他のプレイヤーと対戦を行います。分身が勝負に勝ったり、感謝の言葉をもらうと経験値がたまるので、知らず知らずのうちにレベルアップしてるかも。その成長を毎日チェックしましょう。強いだけではだめです。戦ってくれた分身には必ず感謝の言葉をかける、そんな心優しい戦士をめざしましょう。

 

■ 最後に立ちはだかる敵とは?

最後には「最強の敵」が待っています。普通に戦っていては勝てません。「頭」を使ってクリアしましょう。

 

・アプリ名:ボイスカンフー
・プラットフォーム:Google Home, Amazon Alexa
・価格:無料
・オフィシャルページ: https://voiceapp-lab.com/archives/569

 

VoiceApp Lab(ボイスアップラボ)とは?

VoiceApp Lab は、内外のクリエイターと共に Google Home および Amazon Alexa 用のアプリの研究、特にエンターテイメント向けのアプリを中心に開発しています。また蓄積された音声インターフェイスのノウハウを元に、コンサルティングやコラボレーション開発等を行っています。

過去のリリースした音声アシスタント向けゲームスキル「ヨシオくん危機一髪!」および「どっちでショー」の利用者数は累計4万件を突破するなど、ユーザーの支持を集めています。

https://www.value-press.com/pressrelease/195523

・VoiceApp Lab トップページ: https://voiceapp-lab.com/
・VoiceApp Lab ツイッター: https://twitter.com/voiceapplab


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。