VR環境の改善のために、PS4Proを買ってみました。

スポンサードリンク

PS VRを購入したものの、VR酔いがひどくてまともに遊べなかった私。
グランツーリスモはおろか、サマーレッスンですら酔うので、PS VRのHMDはすっかりリビングの置物と化していました。
VR酔いの原因は、どうもフレームレートが不安定なせいらしい。これはノーマルのPS4だとフレームを確保できるだけの画像表示能力が確保できないせい…らしいです。

そこでPS4Proの購入を検討してみました。
PS4ProはCPUとGPUが強化されたため、VR環境でも高画質化とフレームレートの安定がはかられ、より快適な環境でVRを楽しめるそうです。

PS4Proの公式サイトには以下のような説明があります。

VR世界によりいっそう没頭できる
PS4®Proのハイパフォーマンスは、高度な映像処理性能を必要とするPS VRゲームプレイ時にも威力を発揮。具体的には高解像度テクスチャーによる高画質化や、フレームレート向上・安定化による滑らかな動きなどを実現する。

なので、これまで以上に美しくなめらかな映像でVRの世界に没頭できるという具合です。

ホントかな? と思いつつ、このままPS VRを使わないのももったいないので、PS4Proを購入。手持ちのVR対応のゲームを遊んでみました。

といっても、下の二本+怖くて遊べないKitchenしか持ってないんですけどね(汗)。

グランツーリスモSPORT:若干高画質になったような気がするが、酔ったために確認ができず。フレームレートは安定。
サマーレッスン アリソン・スノウ:若干高画質になった気がする。あまり変化を体験できず。酔わなくなった気はする。

実際、VR対応のゲームはこの2本しか持っていないので、驚くような変化はあまり感じられませんでした。グランツーリスモの方は変化を実証する以前に酔ったので真価を見極めることはできませんでした(笑)。

で、GWのVR対応ゲームセールでモンスターオブザディープとホームスターを購入。ついでに無料でダウンロードできる、Fate/ Grand Orderのマシュ・キリエライトのVRドラマもゲット。こちらもPS4とPS4Prp+PS VR環境で遊び比べてみました。

モンスターオブザディープ:画質に一世代分ともいえる、圧倒的な差が出る。ノーマルは酔うが、Proだと酔わない。
ホームスター:大きな差は感じられず。大平貴之氏の星空を写すにはProでも解像度が足りない気がする。
マシュ・キリエライト:Proの方が若干くっきりしたカンジ。

以前は30分も遊ぶと気持ち悪くなっていたPS VRですが、モンスターオブザディープは余裕で2時間ほど遊んでしまいました。ようやく、Proを買って良かったと思えました。よかった、お金をドブに捨ててしまったかと心配してしまいました。

さて、PS4Proの最大のセールスポイントは4K+HDR映像に対応しているということ。グランツーリスモSPORTやHORIZON ZERO DAWNのように4K+HDRに対応していると、対応するテレビではより美しい映像を楽しめるようです。
しかし我が家は2Kのプラズマテレビ。4Kテレビなんて買う経済力もありません。

宝のもちぐされか? いや、CPUとGPUが強化されたのだから、2Kテレビでも実感できるところはあるはずだ。…と思い、かたっぱしからPro対応ソフトを遊んでみました。

で、見つけたんです。2Kのテレビでも映像がキレイになるゲーム。

それは鉄拳7です!

下にノーマルのPS4とProで撮ったスクリーンショットを載せておきます。

これがノーマルのPS4で…

こっちがPro。

JPEGにしてしまったので圧縮がかかってしまい、あまり違いが分かりませんが、お腹のあたりとスカートのひだを見比べてもらうと、Proの方が解像感が高いことが分かると思います。

ノーマルのPS4で鉄拳7を遊んだ人はわかると思いますが、キャラにモヤかノイズがかかったように表示されていました。
それがProだとくっきり。アップにしなくても各部のディティールが見えるくらいの解像感が得られます。

グランツーリスモSPORTは、Proで起動するとオプション>ディスプレイ設定に画質優先(4K用にレンダリングされた映像をダウンサイジング)、フレームレート優先(ノーマルのPS4よりほんのちょっとキレイになるおまけつき)を選べる項目が選択可能になります。

どちらも試してみました。

まず画質優先ですが、オブジェクトの多い東京エクスプレスウェイなどで遊ぶとてきめんに画質があがったことと感じられます。(逆に背景がシンプルな筑波サーキットなどでは実感できず)。
フレームレート優先は画質優先よりも若干画質は下がりますが、なめらかでコマ落ちのないゲームが楽しめます。
どちらのモードでも遊んでみましたが、個人的にはフレームレート優先の方が良いように感じました。画質優先だと残念ながらコマ落ちが目立つので(といってもガクガクになるほどじゃないんですが)、快適に遊びたいならやっぱりフレームレート優先かなと。

HORIZON ZERO DAWNはもともとがキレイだったので、どれほどキレイになったか、見比べましたけどよく分かりませんでした。こちらはきっと、4K+HDRのテレビを使った時に真価を発揮してくれるのでしょうね。きっと。

というわけで、4Kテレビがなくても、Proはしっかり仕事をしてくれるという事が分かりました。

4Kテレビをお持ちの方は、AV環境の整備も見据えてのProの購入をオススメします。
またPS VRを買ったけど酔っちゃう人、酔っちゃってPS VRのHMDが埃かぶっちゃってる人も、Proの購入を検討してみてください。グランツーリスモのようなゲームでなければ、酔いが改善されると思います(もちろん、個人の差があると思いますが)。

今年はVR対応のエースコンバット7も出ますしね。また酔いそうですけど(汗)

(文/赤蟹)


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。

コメントを残す