日米の女性クリエイターたちが生み出した新次元ハイ・ファンタジーコミック『モンストレス vol.2:THE BLOOD (G-NOVELS)』が、キンドル電子書籍ストアで配信開始

スポンサードリンク

※この記事はプレスリリースをそのまま掲載しています。

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区 http://www.seibundo-shinkosha.net )は、2018年5月10日に、『モンストレス vol.2:THE BLOOD (G-NOVELS)』著者マージョリー・リュウ、イラストサナ・タケダ、翻訳椎名ゆかりが、キンドル電子書籍ストアで配信開始いたしました。

■ 『モンストレス vol.2:THE BLOOD (G-NOVELS)』著者マージョリー・リュウ、イラストサナ・タケダ、翻訳椎名ゆかり
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2x1pWVY
・アマゾン書籍   https://amzn.to/2rSE1zJ

日米の女性クリエイターたちが生み出した新次元ハイ・ファンタジーコミック
『モンストレス』邦訳版第2巻が早くも登場!

愛くるしい猫や伝説上のモンスター・獣人など多彩なヴィジュアルが魅力の登場人物、アール・デコとスチームパンクが織り混ざる独特の世界観――マージョリー・リュウとサナ・タケダは、人種差別や女性問題といった複雑なテーマを扱いながらも、読者をひきつけてやまない想像力溢れるエンターテインメントを作り上げた。

2年連続アイズナー賞候補、2017年ヒューゴー賞「ベスト・グラフィック・ストーリー」部門、2017年英国幻想文学大賞「コミック・グラフィックノベル」部門を受賞するなど、今最も注目のコミック作品!

アール・デコ調の美とスチームパンク・ホラーの融合した異世界を舞台に繰り広げられる壮大な物語『モンストレス』。

マイカは彼女の内に潜むモンストラムの支配と、命を狙う敵から追われながらも、死んだ母モリコの秘密を見つけるミッションを帯びていた。
海賊の支配する街タイリア、そして謎に満ちた骨の島へと向かう旅で、マイカは過去、母親、そして未来と向きあう。
信頼できるものは何か、あるいは信頼できる人は誰かを見つめ直すのだった。

著者について
(作)マージョリー・リュウ 弁護士であり『ニューヨーク・タイムス』のベストセラーリストに17を超える作品が入った人気小説家。コミックでは『X-23』『ブラック・ウィドウ』など。『アストニッシングX-MEN』で正確で包括的なLGBTの描写を行ったとしてGLAAD Media Awardにノミネート。MITでコミックのコースを教える。マサチューセッツ州ケンブリッジ在住。

■ 『モンストレス vol.2:THE BLOOD (G-NOVELS)』著者マージョリー・リュウ、イラストサナ・タケダ、翻訳椎名ゆかり
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2x1pWVY
・アマゾン書籍   https://amzn.to/2rSE1zJ


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。