書籍『ゲームグラフィックス 2018 -CGWORLD特別編集版-』刊行のお知らせ

スポンサードリンク

※この記事はプレスリリースをそのまま掲載しています。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ゲームグラフィックス 2018 -CGWORLD特別編集版-』を全国の書店を通じて刊行します。3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載された、ゲームグラフィック開発のノウハウを凝縮した事例集です。

【概要】
書籍名:ゲームグラフィックス 2018 -CGWORLD特別編集版-
刊行予定日:2018年9月上旬
編集:CGWORLD編集部
定価:本体3,600円 + 税
ISBN:978-4-86246-426-2
サイズ:A4変型
ページ数:360ページ
発行:株式会社ボーンデジタル

【本書の特徴】
3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載された
ゲームグラフィック開発のノウハウを凝縮した事例集!

2018年版は『モンスターハンター:ワールド』(PS4/PC)を50ページを超える大ボリュームで解説!
さらに、PS4などハイスペックな今世代機や話題のPS VR、ますますクオリティの高まるアプリゲームまで人気タイトルを幅広くラインナップしました!

●収録予定タイトル
モンスターハンター:ワールド
真・三國無双8
ソニックフォース
New みんなのGOLF
二ノ国II レヴァナントキングダム
Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ
ゼノブレイド2
乖離性ミリオンアーサーVR
CARAVAN STORIES
神式一閃 カムライトライブ

●本書のポイント
CGWORLD掲載時に小さくて見えにくかった画像を拡大表示して見やすく再編。
キャラクターから背景まで。モデリング、アニメーション、ライティング、エフェクトなど、各社独自の制作ノウハウがここまでじっくり読めるのは本書だけ。
ゲーム開発関係者、ゲーム業界を目指す学生にオススメのメイキング資料集です。

書籍紹介ページ URL:
https://www.borndigital.co.jp/book/6769.html

Amazon URL:
https://amzn.to/2KZN8p8


国内のトップメーカーの映像作りを俯瞰できる資料として、すでにゲーム開発に携わっている人はもちろん、これから映像制作を志す人にもオススメしたい一冊ですね。
ちなみに私(赤蟹)は、むかしShade3Dを買ったものの、絵心がなくて断念したことがあります…


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。