「VR Centerイオンレイクタウン店」では、新コンテンツとして、株式会社ラディックス エンターテーメント事業部「トロン」の『cyber stadium(サイバースタジアム)』を導入いたします。

スポンサードリンク

※この記事はプレスリリースをそのまま掲載しています。

常設型VR専門エンタテインメント施設「VR Centerイオンレイクタウン店」では、新コンテンツとして、株式会社ラディックス エンターテーメント事業部「トロン」 (本社:東京都墨田区、代表取締役:小宮 敏樹)の『cyber stadium(サイバースタジアム)』を導入いたします。

■『cyber stadium(サイバースタジアム)』コンテンツ概要

サイバースタジアムは、センサー技術とプロジェクションマッピング技術を使った次世代体感型コンテンツです。ゲーム感覚で楽しみながら体を動かすことで運動になり、エクササイズにおすすめ!考えながら進めるゲームで教育にも繋がります。
海外ではインドアスポーツゲームとして話題を呼んでいます。
お子様から、お年寄り、ご家族、カップルまで幅広く楽しんでいただけます。
サイバースタジアムは、4つのゲームからお好みのゲームを選べます。

 

1、「Cyber Hockey(サイバーホッケー)」

対戦型ホッケーゲーム。
ボールを敵方ゴールへ多く入れた方の勝利!
プレー人数は2人~4人。

 

2、「Cyber Block(サイバーブロック)」

ボールを弾いてブロックを消していきます。
遊び方はとても簡単。誰でも楽しめます。

 

3、「Cyber Monjya(サイバーモンジャ)」

クイズ形式で出題された問題の答えを、ボールを踏んで2チーム交互に回答していく対戦型教育ゲームです。体と頭を使って知識を高めます。

 

4、「Cyber Rhythm(サイバーリズム)」

音楽に合わせて迫ってくる音符を足で踏んでいきます。体を動かし楽しく音楽を奏でながらリズム感

を鍛えることができます。

 

■プレイ内容

プレイ時間 1プレイ 1ゲーム2分×2回 計4分
プレイ人数 1~4人(ゲームにより異なります。)
年齢制限 年齢制限はありません。
料金 1プレイ おとな1人600円・小学生以下1人400円(1回券の場合)※その他 お得な回数券有


VRでインドアスポーツ、なんだか未来なカンジがしますね!

そんな最中、私の会社の後輩は「側溝VR」というセクシービデオが見たいと騒いでいます。この事件をフィーチャーしたセクシービデオらしいのですが…??w

「来世は道になりたい」〝側溝男〟 女性下着のぞきにハマったワケ 逮捕されても止まらない性的嗜好 でも雨天NGの周到計画


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。