日本版マーベルコミック『グウェンプール』 いま最も注目のマーベルヒロイン!コミック3・4巻同時発売!

スポンサードリンク

<グウェンプールとは?>
そのあまりの魅力でファン急増中!「マーベル女子」の間でも注目され、今もっとも売れている日本語版アメコミシリーズが「グウェンプール」。
ある日、我々の住む現実世界からマーベルユニバースに転送されてしまった主人公が活躍するストーリーは、まさに「なろう系」小説のよう。
ただのオタクな女の子だった彼女にはスーパーパワーはありません。あるのは…「ヒーローに関するオタク知識」だけ!
マスクのヒーローの正体を全て知っている彼女が、マーベルユニバースをめちゃくちゃにするという驚愕のストーリーが展開されていきます。

発売中のシリーズ第1巻:「グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま~す」

<どうして人気?>
デッドプールと同じ「第四の壁を越える」メタ能力を持っている事と、オタク知識だけがとりえというアメコミキャラとしては意外すぎる設定で、グウェンプールは日本でも大きな支持を集めています。
さらにはその素顔のかわいさも魅力の一つ。本シリーズは、現在マーベルコミックスで活躍中の日本人アーティスト、グリヒルが作画を担当。その日本人ならではのタッチで、アメコミ特有の絵柄が苦手な方にも受け入れていただきやすい絵になっています。
さらに9月、12月にはフィギュアの発売も決定、これから日本で人気が急上昇していくキャラクターです。

 

<3、4巻が9月27日に「同時」発売!>

読者の皆さまからの声に後押しされ、シリーズ続編を異例の「同時」刊行!

 

シリーズ第3巻『グウェンプール:デップーなんかこわくない』

ライター:クリストファー・ヘイスティングス 他
アーティスト:グリヒル 他
訳:御代しおり
レーベル:MARVEL
価格:2,500円+税
発売日:2018/09/27
判型:B5
ページ数:160ページ
ISBN:978-4-86491-398-0

 

◆注目ポイント

色々あってマーベルユニバースに入り込んでしまった「現実」出身の女の子、グウェンプール。
コミックの世界じゃヒーローにならなきゃ意味がない! と発奮した彼女も、なんとなくマーベルの世界に慣れてきたけれど…。
今巻は有名ヒーロー達とのチームアップが続々実現!
なかでもグウェン「プール」の元ネタ、デッドプールとの遭遇は大注目!
「第四の壁」を超えるメタキャラ同士の対決の行方は?

 

シリーズ第4巻『グウェンプール:第四の壁、破っちゃいました』

ライター:クリストファー・ヘイスティングス
アーティスト:グリヒル
訳:御代しおり
レーベル:MARVEL
定価:本体2,300円+税
発売日:2018/09/27
判型:B5
ページ数:112ページ
ISBN:978-4-86491-397-3

 

◆注目ポイント

マーベルユニバースから元いた現実世界へと強制送還されてしまったグウェンプール。
現実世界での彼女は、高校卒業後、就職のあてもないニートなオタク少女だった……。
グウェンのオリジンに迫る今巻は、闇堕ちした未来の「イビルグウェン」も登場。物語は佳境に突き進む!

さらに本書には【初回分限定特典】として「いつでもどこでも第四の壁を破れる」シートを同梱!
どのページからでもグウェンを飛びださせることが可能に!
ここでしか手に入らないファン必携のアイテムです!


グウェンプールかわいいよ
グウェンプールぐうかわ


赤蟹

スベスベマンジュウガニ並みに猛毒を吐きまくる赤い蟹の人。「てらどらいぶ」の裏ボス。サイト管理とコーディング、デザインなどを担当。文章を短くできないのが悩み。