VR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』 リードアニメーター福山敦子他がGDC2019 Animation Bootcampに登壇!

スポンサードリンク

あまた株式会社は、VR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』でリードアニメーターを務める福山敦子他が2019年3月18日に開催されるGAME DEVELOPERS CONFERENCEのAnimation Bootcampの講演に登壇することをお知らせいたします。

 

■Last Labyrinthのリードアニメーター達がキャラクターのアニメーション化について講演

登壇するのは『Last Labyrinth』において、プレイヤーの手助けをしてくれる謎の少女「カティア」のリードアニメーターの福山敦子と、テクニカルアーティスト兼アニメーターのブロードヘッド・アレクシス・ジャスミンです。
非言語コミュニケーションであっても愛されるキャラクターのアニメーション化について講演します。

言葉によるコミュニケーションをとれないキャラクターとのつながりを感じさせるためのテクニックに焦点を当て、福山敦子が過去に手掛けた作品を含め、最新作の『Last Labyrinth』の事例を紹介していきます。

 

■GDC 2019 Animation Bootcampセッション概要

Animation Bootcamp: Animating Memorable Characters that Communicate Without Words

Pass Type: All Access, GDC Conference + Summits, GDC Summits
開催日:2019年3月18日
公式URL:https://schedule.gdconf.com/session/animation-bootcamp-animating-memorable-characters-that-communicate-without-words/864894

 

■登壇者紹介
◆福山敦子 (Atsuko Fukuyama)

『Last Labyrinth』 リードアニメーターとして「カティア」のキャラクターアニメーションを担当。過去には『ICO』のヨルダ、『ワンダと巨像』のアグロのキャラクターアニメーションを担当した。彼女が生み出すキャラクターは言葉によるコミュニケーションが無くとも愛おしい存在として認知されています。

 

◆ブロードヘッド・アレクシス・ジャスミン (Alexis Jassmin Broadhead)

『Last Labyrinth』テクニカルアーティスト兼アニメーター。開発チームの3Dアニメーション制作環境をより最適化し、快適かつ効率的に制作できるようアニメーター達を支えています。

『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』とは

「VR時代の新しいアドベンチャーゲーム」をコンセプトに開発され、VRだから実現できる世界観と仮想キャラクターとのコミュニケーションを体感できる「VR脱出アドベンチャーゲーム」です。2019年春には世界同時・マルチプラットフォーム対応(ダウンロード専用)にて発売を予定しております。

 

『Last Labyrinth』ゲーム概要
タイトル:Last Labyrinth (ラストラビリンス)

ジャンル:VR脱出アドベンチャーゲーム

対応HMD:PlayStation®VR、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality Headset

対応機種:PlayStation®4、上記HMD推奨PC相当(Intel® Core™ i5 4590 /NVIDIA GeForce GTX 1060以上)

配信プラットフォーム(ダウンロード専用):PlayStation®Store、Steam®、Oculus Store、Microsoft Store

プレイ人数:1人

オンラインモード:非対応

発売日:2019年春予定

CERO:審査予定

価格:未定

公式サイト:https://lastlabyrinth.jp

著作権表記:Ⓒ2016 AMATA K.K.

 


団長

「てらどらいぶ」管理人。 ゲーム開発のディレクター、動画配信サイト管理人のプロデューサーなどを歴任。 心のゲームは「ウィザードリィ」と「ザナドゥ」。ドラクエとFFならドラクエ派。

コメントを残す