3月 2020アーカイブ

できないのに「できる」と言う会社

Web制作会社の中には、経験もない、実績もないのに、それどころかノウハウもないのに、無責任にも「うちにお任せください」と言う会社があります。

ある日、私がお付き合いしている会社が動画の仕事を取ってきました。しかし、その会社は動画制作の経験がほとんどありません。

動画編集アプリ(Premiereとか)を使いこなせるスタッフもほとんどいない中、社長が動画制作の仕事を取ってきてしまったのです。

私は元々Premiereのオペレーターもやっていたので、実は動画編集が得意だったりします(業務として請けることは少ないのですが)。
それを知っていた社員の方が、私に動画制作の相談を持ちかけてきたので、ボランティアでPremiereの基本的な使い方を教え、この急場をしのぐことができました。

私もお客様に頼まれて、あまり得意ではないことや、経験のないことを頼まれることもあります。しかし、それらはあくまで「お得意様に頼まれたから」という理由がついたりするものです。

そして、頼まれたからには一生懸命勉強をするなどして、お客の求めるクオリティに少しでも近づくように努力します。

この会社の動画制作の仕事を受注した件も同じではないか、と思われるかもしれません。しかしその会社は、動画制作も含めて、実績も経験もない業務をホームページに並べていました。詐欺も同然なのですよね。

前回の繰り返しになりますが、世の中にはWebページを制作する技術しかないのに、「これもできます」「あれもできます」という会社が多いです。

そういう会社は、コーポレートサイトを見ると誇らしげに様々な業務メニューを載せていたりするのですが、その半分以上が未経験で「やろうと思えばできる」程度の話です。これ、就職活動の場で言えば経歴詐称にも程がありますよね?

しかし会社になった途端に、不誠実にもそのような詐称を言った者勝ちとばかりにサイトに書いてしまう会社もあるのです。

余談ですが、動画制作をスタッフの方に教えた結果、なぜかそこの会社の社長に嫌われることになりました。その社長は、「団長は動画のプロじゃないんだから、団長に動画制作方法を教わるな」とか言っていたそうです(苦笑)。

不誠実な上にお礼を言う事もできない社長だから、嘘の実績をコーポレートサイトに平気で並べてしまうのでしょうね。みなさんも、こういう会社を選ばないように気をつけましょう。